楽天モバイルの実速度!1年前よりは速いけれど・・・【2021年4月調査】

楽天モバイルの速度測定通信サービス
スポンサーリンク

実際に使うなら気になる携帯回線の速度。
次世代回線の「5G」がよく宣伝されていますが、2021年4月現在の主流な回線は、まだ「4G」。

今回は自分が契約している、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の2021年4月現在の速度を測定をしましたので紹介します。

アキラ
アキラ

正式に始まった約1年前より速度は速いけれど、徐々に遅くなってきている。利用者増加の影響かな?

異なる5つの時間帯を測定

まずは測定環境の紹介。

測定にはOoklaの「Speedtest」を使いました。

Speedtest - インターネット速度
Speedtest – インターネット速度
開発元:Ookla
無料
posted withアプリーチ

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は5G回線も使えますが、今回は4G回線の速度測定になります。

測定場所は名古屋市某所。

次の5つの時間帯で測定しました。
・休日の夜(22:00頃)
・平日の朝(7:30頃)
・平日の昼(12:30頃)
・平日の夜(18:30頃)
・平日の深夜(0:30頃)

また測定に使ったスマホは「ZenFone 6」(Android 11)です。

平均速度 下り約37Mbps 上り約18Mbps

楽天モバイルの速度(202104)

結果はこのようになりました。
下り速度は40Mbps前後、上り速度は20Mbps前後でしたね。
どの時間帯も同じくらいの速度です。

ちなみにOoklaの「Speedtest」は測定するサーバーによって速度が異なることがあります。
なので参考程度ですね。
今回はすべて「Rakuten Mobile,Inc(Tokyo)」のサーバーを使いました。

関連記事:「Speedtest」のサーバーは選択が必要!100Mbps以上も差が出ることがある!

「Speedtest」のサーバーは選択が必要!100Mbps以上も差が出ることがある!

関連記事:【随時更新】楽天モバイルの情報&キャンペーン(Rakuten UN-LIMIT)

【随時更新】楽天モバイルの情報&キャンペーン(Rakuten UN-LIMIT)

少しずつ遅くなってきている速度

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)が始まって丸1年。
自分は2020年4月から定期的に楽天モバイルの速度測定をしています。
過去の3回と今回の速度測定結果を比べると次のようになります。

楽天モバイルの下り速度(202004~202104)楽天モバイルの上り速度(202004~202104)

「平日の朝」は2020年4月・8月では測定していませんので比較から省きました。

約1年間に比べると、2021年4月現在の速度は速いですね。
ですが、2020年8月以降は少しずつ速度が遅くなってきています。

ちょうど1周年となる2021年4月8日には、楽天モバイルの契約数が390万件を突破しました。

参考:楽天モバイル、累計申込が390万件に

着実に契約者が増えていますね。
契約者が増えたということは、利用者も増えている(はず)。

利用者増加で回線を圧迫し始め、少しずつ速度が遅くなっているのかもしれません。

楽天モバイルの速度・まとめ

今回は2021年4月現在の楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の速度を測定しました。
まとめると次のようになりますね。
・下り約37Mbps、上り約18Mbps。
 どの時間帯もほぼ同じ速度。
・2020年8月以降から徐々に速度が
 遅くなってきている。

関連記事:【2021年4月】4モバイル回線で速度比較(楽天・UQ・LINE・OCN)

【2021年4月】4モバイル回線で速度比較(楽天・UQ・LINE・OCN)

※アイキャッチ画像ロゴ出典元:楽天モバイル

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました