【LINEモバイル(ソフトバンク)の実速度】前と傾向が変わらない速度【2022年4月調査】

LINEモバイルの速度測定通信サービス
スポンサーリンク

新年度になり、新たに携帯回線を契約した方もいるでしょう。
料金の安さは当然重要ですが、実際使う上では速度も重要です。
いくら安くても通信速度が遅いと使い物になりませんからね。

ということで今回は自分が契約している、LINEモバイル(ソフトバンク回線)の2022年4月現在の速度測定をしましたので紹介します。

アキラ
アキラ

2020年12月以降傾向に変化なし。朝は速くて昼は遅い。

異なる5つの時間帯を測定

まずは測定環境の紹介。

測定にはOoklaの「Speedtest」を使いました。

Speedtest - インターネット速度
Speedtest – インターネット速度
開発元:Ookla
無料
posted withアプリーチ

測定場所は名古屋市某所。

次の5つの時間帯で測定しました。

・休日の夜(22:00頃)
・平日の朝(9:30頃)
・平日の昼(12:30頃)
・平日の夜(18:30頃)
・平日の深夜(0:30頃)

また測定に使ったスマホは「Pixel 6」(Android 12)です。

ちなみにLINEモバイルは2021年3月31日で新規契約受付終了。
現在は既存ユーザーのみに提供しています。
既に終わりつつあるサービスなので5Gにも対応していません。
LINEモバイルに近いサービスは実質後継となる「LINEMO」ですね。

平均速度 下り約51Mbps 上り約11Mbps

LINEモバイルの速度(202204)

結果はこのようになりました。
下り平均速度は51Mbps、上り平均速度は11Mbpsでしたね。
下り速度を見てみると、「平日の昼」だけ圧倒的に遅いですね。
これは「MVNO」の特徴そのもの。
どうしても利用者が一番多くなる時間帯に速度が遅くなってしまいますからね。
ただそれで下り速度は約5Mbp。
休憩時間に触るくらいなら十分な速度でしょう。

なおOoklaの「Speedtest」は測定するサーバーによって速度が異なることがあります。
今回はすべて「Allid Telesis Capital Corporation(Fussa-shi)」のサーバーを使いました。

2020年12月から変化がほぼない速度

LINEモバイルの下り速度(202004~202204)LINEモバイルの上り速度(202004~202204)

2020年12月から4ヶ月毎の速度測定結果です。
2020年4月にも「平日の朝」を除いて測定していますので比較しますね。

特に重要となる下り速度を見てみましょう。
LINEモバイルは2020年12月以降、速度にほぼ変化がありませんね。
朝が一番早く、昼になると一番遅くなり、夜はまあまあの速さ。

先程紹介したように、LINEモバイルは2021年3月31日で新規契約受付を終了しています。
なので今後も速度の変化は少ないと思われますね。

しかしそれでも2020年4月から比べると随分速くなりました。
2020年12月までの間に回線品質が改善されて、特にソフトバンク回線が1.5倍も速くなったようですね。

参考:ソフトバンク回線 増速しました

ちなみに2022年4月現在は、月の利用量が500MB以下なら料金無料。
速度も比較的速く、料金無料。
既存ユーザー限定になってしまいますが、現在はLINEモバイルが超お得な携帯回線になっていますね。

LINEモバイルの速度・まとめ

今回は2022年4月現在のLINEモバイル(ソフトバンク回線)の速度を測定しました。
まとめると次のようになりますね。

・下り約51Mbps 上り約11Mbps
・昼間は少し遅め
 それでも下り約5Mbps
・2020年12月からほぼ変化なし
 速度が今後変わる可能性低い

参考:全データ(表)

LINEモバイルダウンロードアップロードPINGジッターパケットロス
(Mbps)(ミリ秒)(%)
休日の夜26.316.93660.0
平日の朝111.03.144200.0
平日の昼4.68.93380.0
平日の夜63.215.634210.0
平日の深夜54.411.62860.0

※アイキャッチ画像ロゴ出典元:LINEモバイル

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました