運営変更後のDMMモバイルの速度は?乗り換えるならほぼ同じ安さで使えるイオンモバイル!

SIMカードとスマートフォン通信サービス
スポンサーリンク

格安SIM(MVNO)の一つであるDMMモバイル

業界最安値の月額484円(税込)から利用できました。

しかし2019年7月に楽天モバイルへの売却を発表。
同年8月27日には新規契約も終了し、9月からは楽天モバイルが運営しています。

今回はそんなDMMモバイルの現在の速度を測定してみました!

アキラ
アキラ

あまり速くない・・・

ちなみに業界最安値だったDMMモバイルの新規契約ができない今、SIMを安く使いたい場合はイオンモバイルになりますね。

※消費税率は2020年2月8日現在の10%として計算しています。

楽天モバイルに変わったDMMモバイル

簡単にDMMモバイルについて紹介します。
その名の通り、DMMが運営していたMVNO(格安SIM)ですね。

最大の特徴は、業界最安値の月額484円(税込)から利用できたことでしょう。
(「業界最安値」は2018年10月22日現在/HPより)

ただしデータSIM専用であり、速度は最大200kbps(0.2Mbps)しか出ません。
(音声通話SIMの場合は月額1,254円(税込))

プラス44円すると1GBの高速通信が使えるようになりますので、こちらの方が人気だったようですね。
44円がプラスされても月額528円(税込)。
これでも業界最安級です!

ちなみに自分も1GBの高速通信が使える月額528円(税込)のプランを契約しています。

回線はドコモのみしかありません。

またDMMモバイルは月額利用料(税込換算)の10%分がDMMポイントで還元されるのも特徴的ですね。
自分の場合、月額528円(税込)なので52ポイントの還元があります。
消費税分が丸々ポイントで還元されますので、かなりお得なMVNOです。

しかし冒頭で紹介したように、2019年9月からは楽天モバイルが運営元になっています。
国内にはMVNO事業者が数多くあり、採算が合わないことも多いようです。
DMMもそのように感じたので手放したのでしょう。

ちなみに還元されるポイントは、楽天ポイントに変わっています。

下り速度は約1Mbps

時間帯下り上り
平日の夕方(2月7日(月) 17:30頃)1.398.97

※単位は「Mbps」。

下り速度は約1Mbps。
一般的に考えるとかなり遅いですね。
しかし何もできないわけではなく、Yahooニュースなどネット閲覧は特に遅延することなく見ることができました。

関連記事:DMMモバイルの実速度!昼夕弱い?【2020年12月調査】

DMMモバイルの実速度!昼夕弱い?【2020年12月調査】

なお測定にはOoklaの「Speedtest」を使いました。

Speedtest - インターネット速度
Speedtest – インターネット速度
開発元:Ookla
無料
posted withアプリーチ

ちなみにOoklaの「Speedtest」は測定するサーバーによって速度が異なることがあります。
なのであくまで参考程度になりますね。
今回は「Allid Telesis Capital Corporation(Fussa-shi)」のサーバーを使いました。

「Speedtest」のサーバーは選択が必要!100Mbps以上も差が出ることがある!

「Speedtest」のサーバーは選択が必要!100Mbps以上も差が出ることがある!

いつまで使える?DMMモバイルの今後

DMMモバイルは当面、楽天モバイルとは別で運営されると発表されています。
しかし楽天モバイルは2017年に買収したFREETELを2018年1月に統合しています。
そのためDMMモバイルも最終的には楽天モバイルに統合されると考えられます。

ただ楽天モバイルは2020年4月からMVNOからMNO(キャリア)になります。
MVNOの楽天モバイルはどのようになるか不明な部分が多く、トラブルの元になる可能性もありますのでFREETELのように早めに統合されることはないと考えられます。

追記:2020/03/03
MVNOの楽天モバイルは2020年4月7日に新規受付を終了します。
4月8日からはMVNOサービスからMNOサービスに移行できるようになります。
MVNOの楽天モバイルは当面継続するようです。
現時点でDMMモバイルはどのようになるのか不明です。

追記:2020/05/21

DMMモバイルもMNO版楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)に乗り換えることができるようです。
案内のメールが届きました。
・音声通信SIMはMNP可能
・データ通信専用SIMは新規契約
になるようです。

自分の場合、データ通信専用SIMなので移行する場合は新規契約しかありませんね。

DMMモバイルをMNO版楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)にMNPできるメール案内

イオンモバイルも安い(乗り換え先として)

冒頭で紹介したように、DMMモバイルは既に新規契約ができません。

業界最安値のDMMモバイルが契約できなくなった今、SIMを安く使いたい場合はイオンモバイルになります。

イオンモバイルは月額528円(税込)から利用できます。

回線はドコモとauのどちらかを選ぶことができます。

月額528円(税込)のプランはデータSIM専用・高速通信1GBのプランなので、DMMモバイルとほぼ同じ安さで使うことができますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました