【パソコンにもなるAndroidタブレット】「Chromebook Detachable CM3」開封レビュー&Chrome OS初体験

「Chromebook Detachable CM3」タブレット・パソコン本体
スポンサーリンク

最近「Chromebook」と呼ばれる種類のパソコンが増えています。
パソコンのOSと言えば「Windows」や「Mac」ですね。
「Chromebook」は「Chrome OS」が搭載されているパソコンです。

増えている理由は、政府が推進している「GIGAスクール構想」(児童生徒に1人1台端末 等)によるものが大きいようですね。

参考:公立小中学校「GIGAスクール」端末のOSシェア1位はChrome OS、2位3位は?

今後も「Chromebook」は増えるはずなので、世間の流れに合わせて「Chromebook」を体験してみることにしました。

今回はASUS製「Chromebook Detachable CM3」を買いましたのでレビューします!
初の「Chrome OS」体験です!

アキラ
アキラ

専用キーボード&スタイラスペン付きで「パソコンにもなるAndroidタブレット」のような感じ。

「Chromebook Detachable CM3」


「Detachable CM3」は2021年3月17日に発売された台湾・ASUS(エイスース)製の「Chromebook」(クロームブック)。

発売から1ヶ月以上も経っていますが、自分の手元に届いた日が4月23日でした。

「Chromebook」は基本的に値段が安くて約2万円で買えてしまうこともありますね。
ただ性能がいいと当然値段が高くなります。

Chromebook Detachable CM3」(ストレージ:128GB)の値段は50,800円(税込)となかなか高価。
しかし発売記念キャンペーンとして、なんと18,000円引き。
32,800円で買えてしまいました!
※2021年4月29日現在は既に終了。

キャンペーンによる安さなどでかなりの人気商品になったようで、自分が注文したときは発送は4月下旬以降に。

そんな経緯で、発売から1ヶ月以上も経ってしまっています
( ̄▽ ̄;)

Twitterなどでは発売日に家電量販店などで買っている人がいましたね。

ちなみに自分はASUS Storeで買いました。
ASUS Storeは「PayPal」でログインができますね。
なのでわざわざアカウントを作る必要もなく、支払いがラクでした。

本当は3月20日~3月23日のAmazon新生活セールに合わせてAmazonで買おうと思っていましたが、在庫切れで注文さえできませんでしたね。

開封&内容物

前置きが長くなってしまいした ( ̄▽ ̄;)

開封して「Chromebook Detachable CM3」を紹介しますね。

箱はこんな感じ。

「Chromebook Detachable CM3」箱

内容物は次の通りですね。
・「Chromebook Detachable CM3」本体
・ACアダプタ(USB Type-C)
・説明書や保証書

「Chromebook Detachable CM3」内容物

シンプルですね。

ACアダプタは5V-3A出力になっていますね。

「Chromebook Detachable CM3」ACアダプター

見にくくて申し訳ない m(_ _)m

ちなみに別売りの「AI Noise-Canceling Mic Adapter」がASUS Store限定の購入特典となっていましたが、届いた「Chromebook Detachable CM3」の中にはありませんでした。
注文書にはしっかりと「購入特典」の記載があったにもかかわらずです。

もしかしたら在庫切れになってしまったのかもしれません。
少し残念ですね。

追記:2021/05/11
2週間以上経過して「AI Noise-Canceling Mic Adapter」が届きました。
どうやら単に出荷が遅かっただけのようです。

「AI Noise-Canceling Mic Adapter」

ちなみにUSB変換アダプタ(A To C)も入っていますね。

「AI Noise-Canceling Mic Adapter」

「Detachable CM3」本体デザイン

袋から取り出すとこんな感じですね。

「Chromebook Detachable CM3」

手触りから察すると布製でしょうか。
メカメカしておらず、バッグのような見た目ですね。

しかし実は3層構造。

「Chromebook Detachable CM3」

上がスタンド、真ん中が本体、下がキーボードですね。

一番特徴的なものが「スタンド」でしょう。
本体と接する面は磁石になっていますね。
「田」の字形になっていますので、本体を縦向き・横向きに立てることができます(あとで紹介します)。

「Chromebook Detachable CM3」スタンド

キーボードはこんな感じ。
基本的な配列はWindowsやMacと同じですね。
ただ、やはり少しだけ違っていたりします。

「Chromebook Detachable CM3」キーボード

キーボードの裏はスタンドと同じ布製の表面ですね。

「Chromebook Detachable CM3」キーボード裏側

本体を見ていきましょう。「Chromebook Detachable CM3」本体正面「Chromebook Detachable CM3」本体背面「Chromebook Detachable CM3」本体右側面「Chromebook Detachable CM3」本体上「Chromebook Detachable CM3」本体左側面「Chromebook Detachable CM3」本体下

アウトカメラの出っ張りが目立ちますね。
ですが基本的にスタンドを取り付けるので違和感はないでしょう。

外部端子は右側面にあるイヤホンジャックとUSB(Type-C)×1だけですね。

写真ではわかりにくいですが、上部右側にスタイラスペン「ASUS USI Pen」が収納されています。

ちなみに実際の重さは次の通り。
・本体:504g
・本体+スタンド:671g
・本体+スタンド+キーボード:909g

「Chromebook Detachable CM3」本体の重さ「Chromebook Detachable CM3」本体+スタンドの重さ「Chromebook Detachable CM3」本体+スタンド+キーボードの重さ

全て合わせても1kg未満ですが、本体だけでも504gありますので少々重いかもしれません。

使用感:PCになるAndroidタブレット

さて実際に起動してみます。

初期設定は簡単でしたね。
1.Wi-Fiに接続
2.本体のアップデート
3.Googleアカウントでログイン

基本的にこれだけです。

「Chrome OS」の特徴の一つに、起動が速いことが挙げられますね。
なのでChromebook Detachable CM3」の起動もなかなかの速さ。

ちなみに「Chrome OS」はGoogleが開発しているOS。
GoogleはスマートフォンOSである「Android」も作っていますね。
なので特にタブレットモードの操作方法は、完全にAndroidタブレット。
アプリ一覧の表示の仕方や、戻る動作などなど・・・

通知領域もAndroidに似ていますし。

「Chromebook Detachable CM3」スクリーンショット

パソコンモードのスクリーンショット

キーボードを取り付けた状態ではパソコンモード、キーボードを取り外すとタブレットモードになりますね。
自動的に切り替わります。

「Chromebook Detachable CM3」パソコンモード「Chromebook Detachable CM3」タブレットモード

先程紹介した縦横自由なスタンドよって、タブレットモードでは縦置きにもできます。
横にも縦にも置けるタブレットは珍しいですね。

「Chromebook Detachable CM3」タブレットモード

ちなみに画面ロック時のパスワードはPIN設定することができますね。
もちろんGoogleアカウントのパスワードのまま使うこともできます。

関連記事:【Chromebookの使い方】基本操作&スクリーンショット方法

【Chromebookの使い方】基本操作&スクリーンショット方法

GooglePlayが使える/一部は非対応

Chromebook Detachable CM3」には、GooglePlayがあります。

なので「Chromebook Detachable CM3」ではAndroidアプリが使えてしまいます。
ただ使えないアプリもいくつかありますね。

使えないアプリは「インストール」表示がなく、「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません。」と表示されます。

「Chromebook Detachable CM3」GooglePlay

「Chromebook Detachable CM3」使いないアプリ

それでも多くのAndroidアプリは利用可能。

昨今販売されているAndroidタブレットの種類が少ない理由は「Chromebook」の普及が原因の一つでしょう。

ちなみにChromebook Detachable CM3」にはAndroid 9も搭載されているようです。
なのでAndroidアプリが利用できるのでしょう。

「Chromebook Detachable CM3」Androidバージョン

付属ペンで手書きメモ

先程紹介したように、Chromebook Detachable CM3」の上部右上にはスタイラスペン「ASUS USI Pen」が収納されています。

なので簡単に手書きメモができますね。

「Chromebook Detachable CM3」スタイラスペン

「ASUS USI Pen」は結構大きめなので持ちやすくなっています。

「Chromebook Detachable CM3」スタイラスペン

4,096筆圧感知なので性能も悪くありませんね。
ただ実際に使ってみると、やはり「iPad Pro」×「Apple Pencil」の組み合わせには及ばないように感じます。
こちらの組み合わせの方が値段も2倍以上高いですし仕方ありませんね。

関連記事:【イラスト描き心地比較】「iPad Pro(2020)」「Chromebook Detachable CM3」

【イラスト描き心地比較】「iPad Pro(2020)」「Chromebook Detachable CM3」

ちなみにこの「ASUS USI Pen」は「Chromebook Detachable CM3」専用。
他のタッチ式デバイスでは反応しません。
充電式という特徴もありますね。
15秒充電(収納)して45分間利用できます。

パソコンモードでマルチウィンドウ

このようにタブレットの特徴が大きい「Chromebook Detachable CM3」ですが、元々は「Chrome OS」を搭載した「パソコン」。

タブレットではできない「マルチウィンドウ」の作業もできます。

「Chromebook Detachable CM3」マルチウィンドウ

USB変換アダプタ(C To A)があれば、USB周辺機器(USBメモリやマウスなど)も利用できますね。
作業効率が上がります。


ただ注意しないといけないことが「パソコン」とはいえ、WindowsやMacのアプリ(ソフト)が使えないこと。

「Chrome OS」と名の通り、Googleのブラウザ「Chrome」が元となって作られているOSです。
なので基本的にWord・Excelなどパソコンにインストールするアプリ(ソフト)は使えません。
代わりに「Chromeウェブストア」(Chromeの拡張機能)や、先程も紹介したGoogle Playからアプリをインストールすることになりますね。
今の世界情勢で大活躍な「Zoom」(ズーム)は、Android版(Google Playからダウンロード)は使えず、「Chromeウェブストア」からアプリをインストールすることになります。
ただ日本語対応していないなど、問題もありますね。

関連記事:「Chromebook」で「Zoom」を使う方法/日本語使用はブラウザで

「Chromebook」で「Zoom」を使う方法/日本語使用はブラウザで

Word・Excelについては、Googleが「ドキュメント」・「スプレッドシート」と呼ばれる代替サービスを提供してます。
Androidスマートフォンを使ったことがある人は見たことがあると思います。

「ドキュメント」・「スプレッドシート」は、Word・Excelほど多機能ではありませんが、簡単な資料を作成するだけなら十分でしょう。

追記:2021/07/18
「Chrome OS」は、元々はパソコンOS「Linux」をベースにしているため、Linux用のアプリなら使えますね。

関連記事:「Chromebook」で「Linuxアプリ」を使う方法【GIMP・VSCode】

「Chromebook」で「Linuxアプリ」を使う方法【GIMP・VSCode】

性能はミドル級だがサクサク動作

最後に「Chromebook Detachable CM3」の性能を紹介しますね。

機種名Chromebook Detachable CM3
OSChrome OS
CPUMediaTek MT8183
メモリ4GB
ストレージ128GB
メインカメラ約800万画素
フロントカメラ約192万画素
バッテリー本体:約12.3時間
本体+キーボード:約12時間
画面解像度1,920×1,200
画面サイズ約10.5インチ
サイズ
(幅×奥行×高さ)
本体:約255.44㎜×約167.2㎜×約7.9㎜
本体+キーボード:約255.44㎜×約167.2㎜×約13.3㎜
本体+キーボード+スタンド:約255.44㎜×約167.2㎜×約16.9㎜
ミネラルグレー
その他タッチパネル
タッチペン

Chromebook Detachable CM3」のCPU・メモリ・画面サイズなどの性能は、Amazonのタブレット「Fire HD 10 Plus」(2021年/第11世代)に近いですね。

なのでミドル級の性能と言ったところでしょうか。
しかしOSは何度も紹介しているように「Chrome OS」。
「Chrome OS」はミドル級でも「処理が重くない」と言われていますね。

実際に一通り「Chromebook Detachable CM3」を使ってみても、「性能の割にサクサク動く」と感じました。

関連記事:【サクサク!】「Fire HD 10 Plus」開封レビュー!安定のコスパ良しタブレット!

【サクサク!】「Fire HD 10 Plus」開封レビュー!安定のコスパ良しタブレット!

「Detachable CM3」・まとめ

今回はChromebook Detachable CM3」を開封レビューしました。

使ってみた第1の感想は「パソコンにもなるAndroidタブレット」といったところでしょうか。
初の「Chrome OS」でしたが、OSがAndroidに近いのでスマートフォン・タブレットに慣れている人は同じように使えますね。

Chromebook Detachable CM3」は、タッチパネル・付属タッチペン付きとタブレットの特徴が強いのでこのように感じたのかもしれません。

今後は「Chromebook」でいろいろ試したことを紹介していきたいですね。

関連記事:「Chromebook」でNASに接続できる「File System for Windows」(Chrome拡張機能)

「Chromebook」でNASに接続できる「File System for Windows」(Chrome拡張機能)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました