「Chromebook」でNASに接続できる「File System for Windows」(Chrome拡張機能)

「Chromebook Detachable CM3」パソコンモードタブレット・パソコンetc.
スポンサーリンク

複数のパソコンでデータのやり取りをする場合、ネットワーク上にあるストレージ「NAS」が便利ですね。

最近注目されている「Chromebook」でも、「NAS」にアクセスすることができます。

今回は「Chromebook」で「NAS」にアクセスする方法を紹介します。

アキラ
アキラ

拡張機能「File System for Windows」で簡単アクセス!ファイルアプリでは接続不可だったために使用。

なお本記事ではASUS製「Chromebook Detachable CM3」を使用しています。
(OSバージョンは91.0.472.147)

【パソコンにもなるAndroidタブレット】「Chromebook Detachable CM3」開封レビュー&Chrome OS初体験

【パソコンにもなるAndroidタブレット】「Chromebook Detachable CM3」開封レビュー&Chrome OS初体験

関連記事:【Chromebookの使い方】基本操作&スクリーンショット方法

拡張機能「File System for Windows」

「File System for Windows」は「Chromeウェブストア」にある拡張機能です。

冒頭で紹介したように「File System for Windows」を使えば、簡単にNASにアクセスできますね。

まずは「File System for Windows」を「Chromeに追加」します。
Chromeウェブストア/File System for Windows

「File System for Windows」

IPアドレス等を入力してマウント

続いてアプリ一覧から「File System for Windows」を起動。
情報を入力します。

このとき入力する内容は次の3つ。
・NASのIPアドレス
・NASのユーザー名
・NASのパスワード

「File System for Windows」の設定

ちなみに内容を入力して右下の「Keep」を選択すると情報を保存できますね。

情報を入力したら「Mount」をします。

ファイルアプリからアクセス可能に

マウントをしたら、ファイルアプリを開きます。
するとNASにアクセスできるようになりますね。

ファイルアプリからNASへアクセス

ちなみに今回アクセスしているNASは、I-O DATA製「LANDISK」の2TBモデル「HDL-T2NV」です。

ファイルアプリでは接続不可だった

実は「File System for Windows」を使わなくても、ファイルアプリのみでNASにアクセスすることもできます。
・・・が、自分の環境下ではできませんでした。
理由はアクセスしたNASが「SMBv2」以降ではないからのようですね。

ファイルアプリからNASへアクセス設定失敗

なので「SMBv2」以降のNASならファイルアプリのみでNASにアクセスできるでしょう。

設定方法は次の通りですね。
1.メニューから「サービス」→「SMBファイル共有」を選択。
2.ファイル共有URL・ユーザー名・パスワードを入力し「追加」。
ファイル共有URLは「\\IPアドレス\共有名」ですね。

ファイルアプリからNASへアクセス設定(1)

ファイルアプリからNASへアクセス設定(2)

ChromebookでNASに接続・まとめ

今回は「Chromebook」で「NAS」にアクセスする方法を紹介しました。

拡張機能「File System for Windows」を使えば簡単にアクセスできましたね。

SMBv2以降に対応しているNASならファイルアプリのみでもアクセスできるでしょう。

関連記事:「Chromebook」で「Linuxアプリ」を使う方法【GIMP・VSCode】

「Chromebook」で「Linuxアプリ」を使う方法【GIMP・VSCode】

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました