ファイルをBUFFALOのNASにバックアップしてみる/LinkStation(LS210D0401N)レビュー

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」タブレット・パソコンetc.
スポンサーリンク

写真などのファイルをバックアップするには「クラウドサービス」(オンラインストレージ)を使うことが多いでしょう。
しかし大容量のクラウドサービスを使うには月額料金がかかる有料。
またサービスが終了してしまうと使えなくなる欠点もありますね。

そんな欠点を補えるものがネットワークストレージの「NAS」。

今回BUFFALOのNAS「LinkStation LS210DNシリーズ」を買いましたので、それにファイルをバックアップしてみますね。

アキラ
アキラ

本体に自動バックアップ機能があるけど、自分は「BunBackup」を使用。

バックアップ用に4TBのNASを買う

冒頭でも紹介したようにファイルのバックアップ用にBUFFALOのNASを購入しました。
NASの名は「LinkStation」。
シリーズ名は「LS210DN」ですね。
型番は「LS210D0401N」。

容量4TBのネットワークHDDです。

定価は29,260円(税込)ですが、Amazonでは簡易パッケージ版が約2万円で販売されていますね。

それでも少々高く感じるかもしれませんが、冒頭でも紹介したようにクラウドサービスの欠点を補える「NAS」。
自分にとっては安いものです。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」

ちなみに自分は2022年7月12日~13日のAmazonプライムデーセールで購入しました。
価格は17,620円(税込)と普段より2,000円以上安かったですね。

使うための準備

さて実際に「LS210D0401N」を使ってみます。

と言っても初期設定等の準備は、同梱の「かんたん接続ガイド」に書かれている通りですね。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の説明書

WEBからも見ることができます。

①設置&ケーブル接続&電源オン

設置場所は前面以外の四方を6cm空けた方がいいようです。
精密機械なので、熱のこもる場所、高温・直射日光が当たる場所は控えるべきですね。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の説明書(設置場所)
出典:LinkStation LS210DNシリーズ/かんたん接続ガイド

続いてLANケーブルをWi-Fiルーターなどに接続。
ACアダプターも接続し、電源オン。
LANケーブルもACアダプターも付属されています。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の説明書(接続・電源オン)
出典:LinkStation LS210DNシリーズ/かんたん接続ガイド

ちなみに自分の場合、付属のLANケーブルを使っていません。
以前購入したUGREEN製のカテゴリ7のLANケーブルで接続しました。

②「NAS Navigator2」でパスワード設定

次に「LS210D0401N」の初期設定。
管理用のパスワードを新たに設定する必要がありますね。

設定方法は大きく別けて2つあり、パソコンからとスマートフォンから。
どちらを使っても結果的には同じですが、今回はパソコン(Windows 10)から設定します。

1.ブラウザから以下のURLに接続。

2.「NAS Navigator2(Windows)」を選択して、使用許諾を確認・同意してダウンロード。

「NAS Navigator2」ダウンロード(1)「NAS Navigator2」ダウンロード(2)

「NAS Navigator2」は、BUFFALOのNAS「LinkStation」の管理ソフト(アプリ)ですね。

3.ダウンロードした「nasnavi-304.exe」を実行しインストール。デスクトップ上のショートカット「BUFFALO NAS Navigator2」を起動。

「NAS Navigator2」インストール(1)「NAS Navigator2」インストール(2)

「NAS Navigator2」インストール(3)

4.検索された「LinkStation」を右クリックして「Web設定画面を開く」。

「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(1)「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(2)

5.管理者パスワードを設定し、「次へ」。

「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(3)

6.再起動。

右上の電源マークから再起動が選べますので再起動。

初期設定は続きとして「共有フォルダー設定」が表示されていますが後でも設定可能なので、自分は再起動をしました。

再起動手順は確認番号を入力したりする必要がありますので少々手間がかかります。

「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(4)「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(5)「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(6)「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(7)「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(8)

再起動後は設定した管理パスワードで入力できるようになりますね。

「LS210D0401N」を「NAS Navigator2」で初期設定(9)「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」の共有フォルダー設定(1)

これで初期設定は完了。

共有フォルダーは「詳細設定」→「ファイル共有」→「共有フォルダー」から設定できますね。

「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」の共有フォルダー設定(2)「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」の共有フォルダー設定(3)「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」の共有フォルダー設定(4)

ちなみにスマートフォンの場合は「SmartPhone Navigator」から設定できます。
方法は割愛しますね。

SmartPhone Navigator
SmartPhone Navigator
開発元:BUFFALO INC.
無料
posted withアプリーチ

③「ネットワーク」からファイルが見れる

共有フォルダーはWindowsパソコンなら、エクスプローラー「ネットワーク」から見ることができますね。

「LS210D0401N」の共有フォルダー

ちなみに「CrystalDiskMark」でアクセス速度を測ってみると次の通りでした。

「LS210D0401N」の「CrystalDiskMark」結果

読み込み速度:約45MB/s
書き込み速度:約21MB/s

読み込み速度はともかく、書き込み速度は少々遅めでしたね。

自動バックアップ設定可能

LS210D0401N」は「NAS Navigator2」から「バックアップ」設定が可能。

指定の時間にパソコン内の特定のフォルダーを自動でバックアップできます。

「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」のバックアップ設定(1)「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」のバックアップ設定(2)「NAS Navigator2」で「LS210D0401N」のバックアップ設定(3)

Macの「TimeMachine」にも対応してますね。

しかし自分は付属の自動バックアップ機能を使わずに「BunBackup」を使いました。

アキラは「BunBackup」を使用

「BunBackup」はWindows用の無料で使えるバックアップソフト(アプリ)。

「窓の杜」等からダウンロードできます。

設定方法などは以下の記事で紹介しています。

これが自分の設定内容。

BunBackup設定

まあ設定は各々異なるでしょう。
自分の場合、結構フォルダーの設定内容が多かったりします。

実は「BunBackup」を使った理由は、以前からNASを使っているため。
自分はI-O DATA製「LANDISK」の2TBモデル「HDL-T2NV」を使っていました。

LS210D0401N」と同じく、目的はバックアップのため。
しかし容量が足らなくなってきましたので、2倍の容量の「LS210D0401N」を新たに購入。
すべて入れ替えたわけです。

そのため参照元を変更するだけで使用可能だった「BunBackup」をそのまま流用して使っています。

「LS210D0401N」付属の自動バックアップ機能と「BunBackup」の違いは、起動トリガーが前者はNAS側で後者がパソコン側というところでしょうか。
基本的にはどちらを使っても変わらないでしょう。

他の便利機能(外からアクセス/ダビング)

LS210D0401N」の使用用途はバックアップだけではありませんね。

冒頭でも紹介したように、クラウドサービスの欠点を補えることが「NAS」のメリット。

インターネットを経由して外からもアクセス可能です。
WebAccess」と呼ばれる機能を使います。
パソコン・スマートフォン、どちらからもできますね。
自分は外部アクセス機能も目的の一つだったりします。

「LS210D0401N」を外部からアクセス
出典:BUFFALO/LS210D0401N

詳しい設定方法等は以下の記事で紹介しています。

他にも録画テレビ番組の再生やダビング。

録画テレビ番組を「LS210D0401N」にダビング
出典:BUFFALO/LS210D0401N

ネットワークレコーダー「nasne」の録画番組もダビングできます。

nasneの録画テレビ番組を「LS210D0401N」にダビング
出典:BUFFALO/LS210D0401N

実はこの機能、本記事を書くまで気づきませんでした
( ̄▽ ̄;)

自分は「nasne」を所持・使用していますので使い道がありそうです。

参考:「LS210D0401N」ギャラリー

最後に「LS210D0401N」自身の写真を参考程度に載せておきますね。

Amazonで購入した簡易パッケージ版なので、箱はこんな感じ。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の箱(簡易パッケージ版)

内容物は次の通り。
・「LS210D0401N」本体
・LANケーブル(2m)
・ACアダプター
・かんたん接続ガイド 等

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の内容物

本体はこんな感じ。

BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の上側BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の前面BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の左側BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の後面BUFFALOのNAS「LinkStation LS210D0401N」の右面

公称サイズは次の通り。
結構大きめです。

サイズ:幅45mm×高さ128mm×奥行205mm
質量:約1.1kg

その他仕様は次の通り。

 LS210D0401N
対応Windows、Mac、Android、iOS、iPadOS
優先LAN部インターフェース1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T(AUTO-MDIX対応)
対応プロトコルTCP/IP
ファイル共有SMB/CIFS、AFP、FTP/FTPS
ポート数1 ※AUTO-MDIX対応
コネクター形状RJ-45型 8極
USB部インターフェースUSB2.0/1.1 ※外付けHDD用
 端子数1 ※外付けHDD用
 バスパワー非対応
準拠規格DTCP-IP、DLNA
電源AC100V 50/60Hz
最大消費電力24W
動作保証環境温度5~35℃
湿度20~80%
保証期間1年間

まとめ

今回は購入したBUFFALOのNAS「LinkStation LS210DNシリーズ」の4TBモデル「LS210D0401N」を使って、ファイルをバックアップしました。

LS210D0401N」には指定の時間にパソコン内の特定のフォルダーを自動でバックアップできる機能があります。

しかし自分は以前から使っている「BunBackup」で自動バックアップしましたね。

「NAS」なので、もちろんインターネットを経由して外からもアクセス可能。
月額料金&サービス終了リスクがあるクラウドサービスの欠点を補えますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました