UQモバイルの「iPhone SE(第2世代)」が安すぎたので改めて各社の値段をまとめる

iPhone8スマートフォンetc.
スポンサーリンク

2020年8月27日からUQモバイルでも「iPhone SE(第2世代)」が販売されることが発表されました。

・・・あまりの安さに目が点になりました!

「iPhone SE(第2世代)」は高性能にもかかわらず、iPhoneシリーズの中では格安で買うことができます。
4月24日発売当初から「安い」と言われていましたが、さらに安く買うことができるようになるとは・・・

アキラ
アキラ

安すぎる!なんでこんなに安いの・・・

改めて各社の「iPhone SE(第2世代)」の値段をまとめました。

やっぱりUQモバイルが一番安い!

「iPhone SE(第2世代)」のそれぞれの値段(税込価格・一括購入)を改めてまとめました。

 64GB128GB256GB備考
AppleStore49,28054,78066,880 
docomo57,02462,56875,240 
au55,27061,25075,215 
SoftBank57,60064,08078,480 
Y!mobile57,60064,0808/27発売(128GBは9/11発売)
UQモバイル35,64047,5208/27発売

追記:2020/08/26
ワイモバイルでも128GBモデルが販売されると発表されました。

表の見方は、各モデルで一番高い場合は赤字、一番安い場合は青字です。
Y!mobileUQモバイルは256GBモデルの販売がありません。
また販売カラーはどこも同じで「ホワイト」・「ブラック」・「(PRODUCT)RED」の3種類になっています。

アキラ
アキラ

やっぱりUQモバイルが一番安い!

UQモバイルは64GBモデルの場合、AppleStoreに比べて約1万3千円、一番高いSoftBank・Y!mobileと比べると2万円以上も安くなっています。
128GBモデルについても最安で、AppleStoreの64GBモデルよりも安い。
つまりAppleStoreで64GBの「iPhone SE(第2世代)」を買うより、UQモバイルで128GBの「iPhone SE(第2世代)」を買った方が安くなっています!

ただ256GBモデルはUQモバイルで取り扱っていません。
もし256GBモデルを一番安く買いたい場合はAppleStoreで買うしかありませんね。

ちなみにMVNOから販売されている「iPhone SE(第2世代)」の値段(税込価格・一括購入)は次の通り。(2021年3月31日現在)

 64GB128GB256GB備考
mineo (マイネオ)51,48057,02469,168 
OCN モバイル ONE48,40053,90066,000 
BIGLOBEモバイル50,82056,4969/18発売
J:COM MOBILE
(ジュピターテレコムモバイル)
55,44063,36073,9209/17発売
IIJmio49,28010/20発売

追記:2020/09/11
BIGLOBEモバイルとJ:COM MOBILE(9/15追記)からも発売されます。

追記:2020/10/15
IIJmioから未使用品が発売されます。ストレージ容量は64GBのみ。

各MVNOで発売されるカラーも「ホワイト」・「ブラック」・「(PRODUCT)RED」の3種類になっています。

UQモバイルの「iPhone SE(第2世代)」は、どこよりも安くなっていますね。

「iPhone SE(第2世代)」のスペック(仕様)

機種名iPhone SE(第2世代)
OSiOS13
CPUA13 Bionic
メモリ3GB  ※非公式
ストレージ64GB、128GB、256GB
背面カメラ約1,200万画素
前面カメラ約700万画素
バッテリー容量約1,821mAh  ※非公式
画面解像度1,334×750
画面サイズ4.7インチ
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約138.4㎜×約67.3㎜×約7.3㎜
重さ約148g
その他Touch ID(指紋認証)対応
 ※Face ID(顔認証)非対応
ApplePay(決済機能)対応
デュアルSIM対応(nanoSIM・eSIM)
防水・防塵対応
ワイヤレス充電対応

※非公式情報はこちらから参照。

「iPhone SE(第2世代)」のスペックは簡単に言ってしまえば、外側デザイン「iPhone8」、CPUなどの中身の一部が「iPhone11」ですね。
古い形に最新のCPUなので、安くて高性能になるわけです。

スペックは他のメディアでよく紹介されていますので、触れるのはこのくらいにします。

格安Androidスマホは勝ち目がないのか?

AppleStoreで販売されている「iPhone SE(第2世代)」の最安値は49,280円(税込)。
しかもCPUは2019年発売のiPhone11と同じであるため、性能がズバ抜けて高くなっています。
iPhone11はハイスペックAndroidスマートフォン(GalaxyS10、Xperia1など)と比較しても劣ることがない、性能が高いスマホです。

それが5万円以下で買える安さ。

対して同価格帯のAndroidスマートフォンは基本的にCPU性能を落として販売しています。
性能を落としているといっても、ネット閲覧やSNSをする程度では何も影響はありません。
2020年8月20日に発売された42,900円(税込)の「Pixel 4a」についても、「Pixel」シリーズの完全な廉価版であるためCPU性能はハイスペック機に比べて低くなっています。

Pixel 4a

出典:Googleより「Pixel 4a」

つまり性能面では「iPhone SE(第2世代)」に並ぶスマホがAndroidスマートフォンにはありません。

それがUQモバイルではさらに安く買うことができる。(最安値:35,640円(税込))

低価格Androidスマートフォンにはもう勝ち目がありませんね・・・

ただ「iPhone SE(第2世代)」が確実に負けている面もあります。

それは外側デザイン。

iPhone8のデザインを流用しているため、最近流行りの「ベゼルレス」や「全画面」になっていません。
対してAndroidスマートフォンは低価格帯でも「ベゼルレス」や「全画面」になっています。
つまり言い方はあまりよくありませんが「iPhone SE(第2世代)」は時代遅れのデザインというわけです。

さらに外側デザインの影響で、「iPhone SE(第2世代)」のバッテリー容量はとても少なくなっています。(1,821mAh)
対してAndroidスマートフォンは低価格帯でも3,000mAh以上のバッテリーを搭載していることが当たり前。
単純に考えると、「iPhone SE(第2世代)」は低価格Androidスマートフォンの約半分の時間しか電池が持たないことになります。

ちなみにAndroidスマートフォンには2万円台で買うことができるスマホもあります。

関連記事:「Redmi Note 9S」開封レビュー!日本初上陸の激安スマホブランド!触って気になった3点を紹介

「Redmi Note 9S」開封レビュー!日本初上陸の激安スマホブランド!触って気になった3点を紹介

「iPhone SE(第2世代)」はCPU性能だけなら無双状態ですが、デザインやバッテリー持ちについては抜け目があります。

できるだけ安く流行りのデザイン、さらにバッテリー持ちが良く高性能でなくていい場合は、格安Androidスマートフォンに分がありますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました