【標準不可】iPhoneで読み取った、QRコード履歴を残す方法

スマホでQRコードをスキャンスマートフォンetc.
スポンサーリンク

スマホの普及とともに増えてきたものの一つが「QRコード」。
QRコードにカメラを向けると、サイトURLなどの情報を簡単に得ることができますね。

もちろんiPhoneでもQRコードを読み取ることができます。
しかし読み取ったQRコードの履歴は残りませんね。

アキラ
アキラ

読み取ったQRコードの履歴を残したいなら、アプリを使用。

標準機能で読み取り→履歴は残らない

iPhoneは標準機能でQRコードを読み取ることができるようになっています。

まずは改めて、iPhone標準機能でのQRコード読み取り方法をまとめますね。
方法は次の2つ。

ただ冒頭で紹介したように、どちらの方法も履歴に残りませんね。

※以下はiOS14.5での動作となっています。

カメラを向ければ自動読み取り

1つ目は標準カメラを使う方法。

標準カメラを起動して、QRコードにカメラを向けるだけで自動的に読み取ることができます。

iPhoneでのQRコード読み取りーカメラの場合ー

例えばURLならSafariで開くように指示されますね。

読取不可なら設定要確認

もし標準カメラでQRコードが読み取ることができない場合は、QRコードスキャン設定がオンになっているか確認しましょう。

1.「設定」から「カメラ」を選択。

iPhoneでのQRコード読み取りーカメラ設定(1)ー

2.「QRコードをスキャン」をオン。

iPhoneでのQRコード読み取りーカメラ設定(2)ー

コードスキャナーで読み取り

2つ目は「コードスキャナー」を使う方法。
言葉は聞き慣れないかもしれませんが、コントロールセンターにあるこれです。

iPhoneでのQRコード読み取りーコードスキャナーの場合ー

QRコードのアイコンなのでわかりやすいですね。

起動するとこのようになります。
あとはQRコードにカメラを向けるだけで自動的に情報を読み取りますね。

iPhoneでのQRコード読み取りーコードスキャナーの場合ー

コントロールセンターに追加

もし「コードスキャナー」がコントロールセンターになければ、設定を変更して追加します。

1.「設定」から「コントロールセンター」を選択。

iPhoneでのQRコード読み取りーコードスキャナー設定(1)ー

2.「含まれているコントロール」に「コードスキャナー」を追加。

iPhoneでのQRコード読み取りーコードスキャナー設定(2)ー

アプリで読み取れば履歴に残る

ここまでiPhone標準機能でのQRコード読み取り方法を紹介しました。

しかし何度もお伝えしているように、標準機能には読み取ったQRコードの履歴を残す機能がありません。
「読み込んだQRコードの情報をもう一度確認したい」と思っても、これでは困りますね。

なのでアプリを使います。
App StoreにあるQRコードアプリには、読み取ったQRコードの履歴を残してくれるアプリがありますね。
例えば「QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット」と呼ばれるアプリ。

QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット
QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット
開発元:MEDIASEEK Inc.
無料
posted withアプリーチ

カメラアクセス許可など、初期設定を終えるとこのような画面になりますね。

QRコードアプリ

下のメニュー真ん中にある「読取履歴」を選択すれば、今までアプリ内で読み取ったQRコードの履歴を確認することができます。

QRコードアプリで読み取ったQRコードの履歴を表示

ちなみにこのアプリ、QRコード読み取りの精度がかなり高く、チラッとQRコードを見せるだけでも読み取ってくれます。

ただ全体的に広告が多いところが気になってしまうポイントかもしれませんね。
広告削除は有料。
370円となっています。

まとめ:履歴に残すならアプリ使用

今回はiPhoneでQRコードを読み取る方法をまとめました。

iPhone標準の機能・カメラやコードスキャナーで、QRコードを簡単に読み取ることができます。
しかし今まで読み取ったQRコードの履歴は残りません。

読み取ったQRコードを履歴として残したい場合は、「QRコードリーダー・バーコードリーダー アイコニット」などのアプリを使うべきですね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました