【torne mobile】スマホ×nasne=テレビ

torne mobileアプリ・ソフト
スポンサーリンク

2021年になった今、「テレビ」という存在は過去のものとなりつつあります。
しかし「テレビ番組」はまだまだ需要がありますね。
Twitterのトレンドでは「テレビ番組」の話題が挙がることも多いですし。
その象徴的な出来事が、2021年3月25日に予約を開始したネットワークレコーダーの「nasne」。
ソニーが発売していましたが、役目を終えたとのことで生産終了。
しかしバッファローが継承することで復活しました!

nasne」は「torne mobile」と呼ばれるアプリを使うことで、スマホでもテレビ番組を視られるようになります!

アキラ
アキラ

スマホ×nasne=テレビ!

スマホがテレビになる「torne mobile」

torne mobile

torne mobile」(トルネ モバイル)は、ネットワークレコーダー「nasne」(ナスネ)と連携することで、スマホでテレビ番組を視聴できるようになるアプリ。
テレビ番組を録画することもできますね。

スマホでテレビを視聴すると言えば、「ワンセグ」・「フルセグ」が思い浮かぶでしょう。
しかしワンセグ・フルセグ機能が搭載されているスマホは一部のみ。
iPhoneなどはその機能がないため、テレビ番組を視られません。

nasne」と「torne mobile」があれば、ワンセグ・フルセグ機能がないiPhoneでもテレビ番組を視ることができるようになりますね。

ちなみにWindowsパソコン用アプリ「PC TV Plus」を使えば、「nasne」をパソコンでも使うことができるため、パソコンでテレビ番組を視ることができます。

関連記事:【PC TV Plus】パソコン×nasne=テレビ

【PC TV Plus】パソコン×nasne=テレビ

初期設定で「nasne」と連携

スマホでテレビ番組を視るには、「nasne」とスマホ(torne mobile)を連携する必要がありますね。

「nasne」はLANケーブルでWi-Fiルーターにつないでおきます。
そのWi-Fiルーターにスマホも接続します。
(つまり同一ネットワーク上に「nasne」と連携するスマホが存在。)
このようにしないとスマホに「nasne」が登録できませんので。

「torne mobile」をダウンロード。

torne™ mobile
torne™ mobile
開発元:PlayStation Mobile Inc.
無料
posted withアプリーチ

起動後は、はじめに「データ引き継ぎ」について確認がありますね。
以前も「torne mobile」を使っていた場合はパスワードを入力することで、データを引き継ぐことができます。

引き継ぎがない場合は初期設定。
次の内容を順に入力します。
・地域(都道府県)
・性別
・生まれた年
・ニックネーム

入力し終わったら、対象の「nasne」をスマホに登録。

すると「torne mobile」のホームに移ります。

torne mobile

右下には「torne」のマスコットキャラクター「トルネフ」がいますね。
結構いろいろ話してきます。

ちなみに「nasne」に登録できる機器の台数は6台まで。
7台以上になると、登録時に「ペアリングのエラー」が起きます。

torne mobile(ペアリングエラー)

その場合はメッセージで示されているように「nasne HOME」を開いて登録機器を削除する必要がありますね。

「nasne HOME」は、Windowsパソコンなら「ネットワーク」→「NASNE」→「nasne_home」→「index.html」から開くことができます。
※「nasne」と同一ネットワークにパソコンを接続する必要あり。

nasneHOMEnasneHOME

登録機器の削除は「メディアサーバー設定」→「クライアント設定」で削除したい機器のゴミ箱を選択します。

テレビを視る・録る ※500円~

実は「torne mobile」でテレビ番組を視る・録る機能は有料。

iOS版とAndroid版の2種類があります。
値段は次の通り。
iOS版:610円(税込)
Android版:500円(税込)

買い切りタイプなので、一度買ってしまえばお金は必要ありません。
ただしiOS版・Android版は独立していますので、例えばiPhoneからAndroidスマートフォンに機種変更した場合は、Android版を新たに買う必要があります。

購入はホームのカートマークからできますね。
買ったことがあるのに「購入済」になっていない場合(同一OSの機種変更など)は、「購入情報の復旧」を選択すれば、更新されます。
※画像はAndroid版

torne mobileのアプリ内購入torne mobileのアプリ内購入(Android版)

このように視聴・録画機能は有料ですが、「torne mobile」を使えば外出先でも自宅の「nasne」に接続してテレビ番組を視ることができますね。
結構便利です。
ただ携帯回線(モバイルデータ通信)で接続している場合は、通信量が激減すると思われるので注意が必要ですね。
外出先でもWi-Fiが使えるところで使うべきでしょう。
実際に携帯回線でテレビ番組を視ようとすると、次のような注意事項が表示されます。

torne mobile(モバイルデータ通信中)

「torne mobile」の便利機能は他にもあり、例えば外出先から番組録画予約ができること。
番組録画予約機能は無料で使えますね。
自分の場合、「torne mobile」ではこの番組録画予約機能をよく使っています。

定期的に同一ネットワークへ接続を

「torne mobile」を使う上で一つだけ注意点がありますね。

スマホと「nasne」の連携(ペアリング)には90日の有効期限があります。
期限が切れた場合、外出先で「nasne」に接続することができません。

期限の更新は、期限が切れていた場合は「nasne」とスマホを同一ネットワークに接続した状態で「torne mobile」を開くと自動的に更新されます。

ペアリング期限を延長したい(まだ期限が切れていない)場合は手動で更新することもできます。
設定(歯車マーク)→「nasne設定」→nasne選択→「ペアリング更新」で、ペアリング期限を更新することができます。

自分は過去に何回もペアリング期限切れで、外出先で「nasne」を使えないことがありましたので紹介しておきます
( ̄▽ ̄;)

新「nasne」にも対応/iOSはHD画質で

冒頭で紹介したように、「nasne」は過去にソニーから発売されていたもの。
「torne mobile」はソニー版「nasne」で使えます。

新たに発売されるバッファロー版「nasne」でも基本仕様は引き継がれているため「torne mobile」が利用できるようになっています。

しかも進化して。

Android版は変化がありませんが、iOS版では視聴画質が向上し、HD画質(720p)になりましたね。

関連記事:【復活】バッファローに継承された「nasne」!3つの期待すること!

【復活】バッファローに継承された「nasne」!3つの期待すること!

「torne mobile」・まとめ

今回はスマホアプリtorne mobile」を紹介しました。

ソニー版・バッファロー版「nasne」と連携することで、スマホでテレビ番組を視る・録ることができる便利なアプリです。

アプリ自体は無料で使えます。
が、視聴録画機能は買い切りタイプの有料となっていますね。
iOS版:610円(税込)
Android版:500円(税込)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました