生産が終了した「nasne」の代替機は?寿命を迎える前に考えておく

動画視聴ガジェットetc.
スポンサーリンク

2019年6月24日。
約1年前のこの日、「nasne」の生産終了が発表されました
(T_T)

参考:「困る」……名機「nasne」出荷終了にユーザー嘆き、後継機も「予定なし」

nasne」はPS4やPS3でテレビ番組の録画ができる、またインターネットにつながっているならパソコンやスマホからテレビ番組の録画・視聴ができる優れもの。

自分は約4年半「nasne」を使っています。
最近は録画番組視聴中に突然映像が動かなくなる現象に合いました。
データが消える可能性があるので危険ですが、「nasne」から電源アダプタを抜いて強制的に再起動することで直りました
( ̄▽ ̄;)

(直ったのか・・・?)

そろそろ寿命かもしれません。
なので今回は「nasne」の使用目的をまとめつつ、買い替えるときの選択肢になり得る代替機を紹介します。

アキラ
アキラ

代替機は主に2つ!

追記:2020/10/07
なんとパソコン周辺機器メーカー「BUFFALO」(バッファロー)に「nasne」が継承されて、2021年3月末に発売されることになりました!
まさかの「nasne」復活です!
価格は29,800円(税込)!
(2021/03/17 更新)

関連記事:【復活】バッファローに継承された「nasne」!3つの期待すること!

【復活】バッファローに継承された「nasne」!3つの期待すること!


▼バッファロー版nasne


▼ソニー版nasne

nasneの主な使用用途

nasne」の主な機能は、テレビ番組を録画・視聴できること。
テレビ番組の録画・視聴以外にも「NAS」機能としてファイルサーバーやメディアサーバーとして使うこともできます。
参考:https://www.jp.playstation.com/nasne/

自分の場合、以下のように使用しています。
・PCでテレビ番組のリアルタイム視聴&録画
 (PCソフト「PC TV Plus」別途使用)
・スマホから番組予約
 (アプリ「torne mobile」別途使用)

特にPCによるテレビ番組のリアルタイム視聴&録画に使用しています。
自宅にテレビがありませんので、「nasne」とPCでテレビ代わりです
( ̄▽ ̄)

昔は以下の機能も使用していましたが、今はほぼ使っていません。
・テレビ番組のBDへの書き出し
・ファイルサーバー
 (I-O DATA製のNASを購入したため)

代替機に必要な機能

先程は自分が使っている「nasne」の主な用途を紹介しました。
今度は現在の「nasne」の使用用途を踏まえ、代替機に必要な機能をまとめます。

重要なことは2点。
・PCでテレビ番組のリアルタイム視聴&録画
・スマホから番組予約

特にPCソフト「PC TV Plus」(旧名:PC TV with nasne)を使ったテレビ番組のリアルタイム視聴&録画が自分としては重要です。

なにせ自宅のテレビ代わりとして使っていますので。
加えて「PC TV Plus」は有料ソフト。
PC1台用が3,300円(税込)!

参考:https://www.sony.jp/software/store/products/pctv-plus/

nasne」だけでなく、せっかく買った有料ソフトである「PC TV Plus」も使えなくなることは非常にもったいない!

・・・奇しくも「PC TV Plus」はバージョンアップを繰り返し、他の機器でも使用できるようになっています。

なので「PC TV Plus」を使うことができる機器が買い替え先の選択肢になります。

関連記事:【PC TV Plus】パソコン×nasne=テレビ

【PC TV Plus】パソコン×nasne=テレビ

関連記事:【torne mobile】スマホ×nasne=テレビ

【torne mobile】スマホ×nasne=テレビ

nasneから移行するなら?

ここからは「nasne」の買い替え先の選択肢になり得る2つを紹介します。

REC-ON または テレキング

1つ目がI-O DATA製の「REC-ON」(型番:HVTR-BCTX3)または「テレキング」(型番:GV-NTX1A)です。

「REC-ON」と「テレキング」は「nasne」の移行先にとI-O DATA自身が宣伝しています。

nasne販売終了でお困りの方へ。REC-ONが後継機の候補になるかも?

これはなかなかのダイレクトマーケティングw
宣伝の影響からか「nasne」の代替機として一定数の効果を得ているようですね。

ちなみに一部の機能は制限されますが「PC TV Plus」も使うことができます。

REC-ON」はトリプルチューナー、「テレキング」はシングルチューナーです。
基本的にシングルチューナーの「nasne」からするとトリプルチューナーの「REC-ON」は便利ですね。
価格はAmazon(2020年6月20日現在)では
・「REC-ON」→ 20,789円(税込)
・「テレキング」→ 11,500円(税込)

ただし注意点があります。
「nasne」と異なり、録画用の外付けハードディスク(またはNAS)が別で必要になります。

同じI-O DATA製の外付けハードディスク(またはNAS)やBUFFALO製が動作確認済み機器になっています。

参考:録画テレビチューナー&ハードディスクレコーダー 動作確認済み機器一覧

安ければ2TBの外付けハードディスクを9,000円前後で買うことができます。

パソコンの場合は「PC TV Plus」だけでなく、I-O DATA純正のアプリ「テレリモ」(テレキングリモード)、「テレプレ」(テレキングプレイ)からもテレビ機能を使えるようです。(Windows10用アプリ)

スマホからは「REC-ON App」(無料)からテレビ機能を使えるようです。

REC-ON App
REC-ON App
開発元:I-O DATA DEVICE, INC.
無料
posted withアプリーチ

・・・気になる点としてはAmazonや楽天でのレビューが「REC-ON」はマシですが「テレキング」があまり良くないことでしょうか。
やはり「nasne」より利便性は劣るようです。

SONY製BDレコーダー

もう1つの選択肢は「SONY製ブルーレイディスクレコーダー」。

他社製の「REC-ON」や「テレキング」を使うよりシンプルな考えですね。

PC TV Plus」を使うならフル機能を使えますし、「nasne」と同じSONY製なので親和性が高いと思われます。
「PC TV Plus」は2011年発売のブルーレイディスクレコーダーから対応しています。

ただどうしても高くなってしまいます。
新品なら安くても3万円以上します。
加えてテレビに接続すること、リビングなど広い場所に設置できるように設計していると思われますので、「nasne」や「REC-ON」・「テレキング」より本体サイズが大きくなってしまいます。

ちなみにスマホでは「torne mobile」が使用できません。
これは「nasne」専用ですので。
代わりに「Video & TV SideView」(無料)でテレビ機能を使うことができます。

Video & TV SideView: Remote
Video & TV SideView: Remote
開発元:Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.
無料
posted withアプリーチ

生産終了したnasneの代替機は主に2つ

今回は「nasne」の使用目的をまとめつつ、買い替えるときの選択肢になり得る代替機を紹介しました。

主にテレビ視聴や録画を「PC TV Plus」の使用を前提としているため、代替機はI-O DATA製の「REC-ON」または「テレキング」、SONY製ブルーレイディスクレコーダーになります。

価格重視の「REC-ON」または「テレキング」か、機能重視のSONY製ブルーレイディスクレコーダーというところでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました