ハイテク置き時計?できることが多い「Echo Show 5」を半年間使う

Echo Show5本体ガジェットetc.
スポンサーリンク

Amazonの「Echo」(エコー)シリーズは、AIの「Alexa」(アレクサ)がアシストすることで、声だけで様々な操作が可能な「スマートスピーカー」。

「Echo」シリーズには何種類かあり、画面付きの「スマートスピーカー」の一つに「Echo Show 5」(エコー ショー ファイブ)がありますね。

昨年のプライムデー(2019年7月15日~7月16日)には、定価9,980円(税込)のこの「Echo Show 5」が5,980円(税込)でセール!
約1ヶ月前の6月26日に発売されたばかりにもかかわらず、約半額の値段です。

自分は思わず買ってしまいました!

今回は約半年間使った「Echo Show 5」をレビューします!

アキラ
アキラ

と言っても、今はほぼ「置き時計」として使っている。

スマホの大きさに近い5.5インチの画面

まずは簡単に「Echo Show 5」の外観を紹介。

冒頭で紹介したように「Echo Show 5」には画面があります。
画面の大きさはスマホに近い5.5インチ。
タッチ操作可能で、右上にはカメラもありますね。

「iPhone7」と「Echo show 5」

「iPhone7」(左)と「Echo Show 5」(右)

側面は直立できるよう三角形の形をしていますね。

「Echo show 5」の側面

ちなみに電源は専用のACアダプタから。
バッテリーは搭載されていません。

いろいろ使える「Echo Show 5」

Echo Show 5」にはいろいろな機能があります。
※Wi-Fiに接続していることが前提条件。

置き時計・目覚まし時計

Echo Show5本体

電源オンの「Echo Show 5」は常に時計が表示されます。
なので「置き時計」として使うことができますね。
デジタル時計だけでなくアナログ時計にすることも可能。
壁紙も何種類かあるため、部屋の雰囲気に合わせることもでき、自分好みの「置き時計」にすることができます。

また画面の明るさを自動調節してくれる機能もありますので、照明を消した場合は「Echo Show 5」の画面も薄暗くなります。
寝室で使っていても睡眠の妨げになりませんので、「目覚まし時計」として使うこともできます。

「時計」だけでなく、自分が撮った写真も表示することができますので「デジタルフォトフレーム」として使うこともできますね。

ちなみに、別の画面が表示されていても「アレクサ。ホーム。」と言うだけで、時計の画面に戻すことができます。

音楽再生

冒頭で紹介したように「Echo Show 5」は「スマートスピーカー」。
スピーカーなので当然音楽再生が可能ですね
各種音楽配信サービスからの再生に対応しています。
Amazon製品なので、特に「Amazon Music」と相性がいいですね。

Amazon Music」は「Amazon Prime」会員なら無料で使えます。
しかし「Amazon Music」では再生できる曲数が少ないので、「Amazon Music Unlimited」に加入した方が最大限に「Echo Show 5」を利用できますね。
※Amazon Prime:月額500円(税込)または年額4,900円(税込)。

Amazon Music Unlimited」は6,500万曲以上が聴き放題の「Amazon Music」の上位プラン。
月額980円(税込)で利用でき、Amazon Prime」会員なら、月額780円(税込)になります。

「Echo Show 5」は画面がありますので、歌詞も表示することができますね。

「Echo show 5」で歌詞を表示

紅蓮花の歌詞(Amazon Musicより)

ちなみに「アレクサ。音量下げて(上げて)。」と言うだけで音量調節が可能です。

動画視聴

画面がある「Echo Show 5」では、YouTubeや「Amazon Prime Video」などの動画を見ることもできます。

動画視聴も音楽再生と同様に、同じAmazonサービスである「Amazon Prime Video」と相性がいいですね。

Amazon Prime Video」は「Amazon Prime」会員なら無料で見放題です。
※Amazon Prime:月額500円(税込)または年額4,900円(税込)。

「Echo show 5」で動画表示

鬼滅の刃 第2話(Amazon Prime Videoより)

ビデオ通話

Echo Show 5」はビデオ通話することも可能。
このとき相手側は、画面があるAmazon製品またはスマートフォンを使うことになりますね。
※画面があるAmazon製品:「Echo Show」シリーズや「Fire」タブレットなど。

これは一時期、テレビCMが流れてましたね。
母親と息子が「Echo Show」を通して会話する・・・
あとになってネット上で、CMの会話がマザコンっぽいと話題になりましたね。

スマートホーム化

「スマートスピーカー」として代表的な使い方が、「音声で照明を消すこと」ではないでしょうか。

いわゆる「スマートホーム」化ですね。

音声でさまざまな家電を操作できますので、自宅の未来感が増します!(語彙不足)

Echo Show 5」でも「スマートホーム」化は可能。

ただし「SwitchBot Hub Mini」などのリモコンハブが別途必要ですね。

「スキル」でさらに使えるように

Echo Show 5」には、「Amazon Alexa」アプリから「スキル」を追加できます。
「スキル」とはAmazonの「スマートスピーカー」で使える拡張機能ですね。
スマホでいうところの、アプリのようなものです。

Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Webからも追加することができますね。

「スキル」には、ニュースを読み上げる「Yahoo!ニュース」やラジオを聴くことができる「radiko」などの便利なものから、ピカチュウと会話ができる「ピカチュウトーク」などの面白いものもあります。

ちなみに「ピカチュウトーク」は、ピカチュウが話すだけです。
こちらが発した声に反応して「ピカピカ」言います。
しばらく何も声を出さないとピカチュウが帰っていきますw

今はほぼ置き時計として使っている

このようにいろいろ使える「Echo Show 5」ですが、自分の場合、ほぼ置き時計になっています。

冒頭で「思わず買ってしまった」と紹介しましたので衝動買いのように見えますが、実は買った理由があります。
それは「置き時計として使う」こと。

当時使っていた置き時計が壊れてしまいましたので。
「Echo Show 5」を「置き時計」として使おうとしたのは、たまたまタイミングが一致したからですね。

他に使っている機能は、「音楽再生」でしょうか。
自分は「Amazon Prime」会員であり、「Amazon Music Unlimited」会員でもあります。
たまに「Echo Show 5」から音楽を再生しています。
端末に触れる必要がなく、声だけで操作できるので便利ですね。

ただ実際に使うと気になった点があります。

夏は本体が熱くなる

Echo Show 5」は常に起動しているため、夏には本体がかなり熱くなります。
触れないほど・・・ではありませんが、本当に熱くなります。
Wi-Fiルーターのように。

自分は対策として、USB扇風機(USBファン)を近くで回していますね。

騒音下では声が反応しないことも

これはUSB扇風機(USBファン)を回していると感じることです。

Echo Show 5」に「アレクサ!」と話しても、反応しないことがありますね。

常に回り続ける扇風機(ファン)の音が、自分の発する声よりも大きいのでしょう。
本体近くで声を出せば反応します。

画面が大きい「Echo Show」もある

(2021/10/23 商品を新モデルに更新)

Echo Show 5」の画面はスマホと同じくらいの5.5インチ。
自分の主な使用用途である、「置き時計」や「音楽再生」ならば十分な大きさです。

しかし「動画視聴」や「ビデオ通話」をするには画面が小さいかもしれません。

「Echo Show」シリーズには画面サイズが8インチの「Echo Show 8」、10インチの「Echo Show 10」があります。
Echo Show 8 (第2世代)」の値段は14,980円(税込)、「Echo Show 10 (第3世代)」の値段は29,980円(税込)となっています。

スマホサイズからタブレットサイズの画面になりますので、「動画視聴」や「ビデオ通話」にも向いていますね。

追記:「Echo Show 5 (第2世代)」登場

(2021/5/12 追記)

2021年5月12日に新型の、Echo Show 5 (第2世代)」が発売されました。

今まで紹介してきた「Echo Show 5」は第1世代。

第1世代と第2世代の主な違いはカメラの画素数が上がったことぐらいですね。
第1世代では100万画素だった内蔵カメラが、第2世代では倍の200万画素になりました。
主に「ビデオ通話」をする場合は、今までと変わりそうですね。

他に大きな違いと言えば、値段が安くなったこと。
第1世代では定価9,980円(税込)でしたが、第2世代では1,000円安い定価8,980円(税込)になりました。
買いやすくなりましたね。
※第2世代登場で第1世代の価格も変更され、7,980円(税込)になりました。

ハイテク置き時計「Echo Show 5」・まとめ

画面付き「スマートスピーカー」の「Echo Show 5」。
置き時計、音楽再生、動画視聴、ビデオ通話、自宅のスマートホーム化など、いろいろな使い方があります。

できることが多い「Echo Show 5」ですが、自分の場合は、ほぼ置き時計となっていますね。

ちなみにFire HD 8 Plus」と専用ワイヤレス充電スタンドを使えば、「Echo Show」のように使うことができますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました