【Xperia1レビュー】意外と実用的な21:9の超縦長画面。でも他と比べるとやっぱり長い!

Xperia1本体背面スマートフォン本体
スポンサーリンク

ソニーのスマホ「Xperia」(エクスペリア)シリーズ。
一時期は全世界の売上シェア率3位まで上り詰めたスマホですが、最近は他の機種に劣る性能・デザインから売上が低迷。
国内でも売れにくいスマホになっていました。

そんな中、2019年6月に今まででは考えられなかった「Xperia」が発売されました。

アスペクト比が21:9と超縦長画面になった「Xperia 1」です。

発売から半年以上経って今さら感がありますが、この度「Xperia 1」を購入しました!

今回は購入した「Xperia 1」、特に縦長画面についてレビューします!

アキラ
アキラ

一度に見られる情報が多いから意外と実用的!でも持ちにくいかも・・・

縦長さが目立つ外観

まずは簡単に「Xperia 1」の外観を紹介します。

Xperia1の表側

アキラ
アキラ

画面が長い!

長い画面がかなり目立ちますね。
画面には「ノッチ」や「パンチホール」がありません。
なので画面上部には前面カメラや受話口のためにベゼルが少しあります。
ですが個人的には「ノッチ」や「パンチホール」よりも好きなデザインです。

Xperia1本体背面

裏面には3眼のカメラが中央上部に縦向きに並んでいます。

また右側面には指紋認証が搭載されています。

Xperia1の右側面

右から音量ボタン、指紋認証センサー、電源ボタン、カメラボタンです。

Xperia XZ2」(前々世代)と「Xperia XZ3」(前世代)では指紋認証センサーが背面になってしまったので、自分としては残念に思っていました。
側面の指紋認証は右手でスマホを持った時に、親指が自然と指紋認証センサーの位置になるためロック解除しやすくて便利です。
なので再び側面に指紋認証センサーが戻ったことは自分としては嬉しい限りです。
ただ「Xperia XZ1」(前々々世代)までと異なって、電源ボタン一体型ではないのが少し残念。

ちなみに下の写真は「Xperia 1」の下側。
「Xperia XZ3」と同じく、どこにもイヤホンジャックがありません。

Xperia1の下側

他のスマホと比べるとさらに目立つ

XperiaXZ1とXperia1とZenFone6の本体サイズ比較

左から「Xperia XZ1」、「Xperia 1」、「ZenFone 6」です。

「Xperia1」は他の2機種と比べて、圧倒的な画面の長さですね。
3世代前の「Xperia XZ1」と比べると、特に長さが目立ちます。

16:9に比べ圧倒的に多い情報量

3世代前の「Xperia XZ1」(アスペクト比 16:9)と「Xperia 1」(アスペクト比 21:9)にChromeからYahooニュースを表示させてみました。

左が「Xperia XZ1」、右が「Xperia 1」です。

XperiaXZ1とXperia1の画面サイズの比較1

「Xperia 1」に表示される情報量が圧倒的に多いですね。
ニュースの見出しが4つ程多く表示されています。
「Xperia 1」は情報収集端末として優秀です。

また「Xperia 1」でYouTubeとGoogleKeep(メモアプリ)をマルチタスク機能で起動してみました。

XperiaXZ1とXperia1の画面サイズの比較3

左が「Xperia XZ1」、右が「Xperia 1」です。
対比として「Xperia XZ1」にもGoogleKeepを起動させてみました。
GoogleKeepの大きさが全く一緒です!

アキラ
アキラ

「Xperia 1」、さすがに長すぎない?

ちなみにマルチタスク機能自体はAndroid 7からの標準機能です。
しかし超縦長画面である「Xperia 1」は一度に表示できる内容が圧倒的に多いため、マルチタスク向きのスマホになっています。
実際ソニーも「Xperia 1」の売りの一つとしています。

他のスマホと違って違和感なくマルチタスクが使えますので、「時短」向きのスマホでもありますね。

「ZenFone 6」も同じ情報量・・・?

ZenFone 6」にもChromeからYahooニュースを表示させてみました。

Xperia1とZenFone6の画面サイズ比較

左が「Xperia 1」、右が「ZenFone 6」です。

実は「Xperia 1」に表示される情報量は「ZenFone 6」とあまり変わりません!

Xperia 1」と同じく2019年に発売された「ZenFone 6」のアスペクト比は20:9。
否定意見も多い21:9の縦長画面ですが、実は最近のスマホは全体的に縦長傾向にあります。
なので巷で言われている程、「Xperia 1」だけが縦長画面スマホではありません。
幅が他のスマホに比べて狭いので、より縦長画面に見えるのでしょう。
「縦長画面」より「細長画面」の方がしっくりくるかもしれません。

携帯しにくい & 持ちにくい

Xperia 1」は他のスマホより、はるかに縦に長くなりました。
結果、携帯しにくくなってしまいました。
昔のスマホ(約10年前)に比べ大型化しているのに、さらに巨大化しましたので当たり前ですね。
ズボンの後ろポケットに入れると、確実にはみ出す上に少し屈んだだけでも曲がりそうで怖い
( ̄▽ ̄;)

また「細長」であるため、片手操作では絶対に画面端まで指が届きません。
どうしても片手で操作する場合は持ち直す必要があります。
この場合は落としそうで怖い
( ̄▽ ̄;)

Xperia 1」は他のスマホに比べて持ちにくくもなってしまいましたね。

「全部入り」仕様

機種名Xperia 1
OSAndroid 9
CPUSnapdragon 855
メモリ6GB
ストレージ64GB
SIMサイズnanoSIM
外部接続端子USB Type-C
背面カメラ約1,220万画素(標準)
+約1,220万画素(望遠)
+約1,220万画素(超広角)
前面カメラ約800万画素
バッテリー容量3,200mAh
画面解像度3,840×1,644
画面サイズ約6.5インチ 有機EL
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約167㎜×約72㎜×約8.2㎜
重さ約178g
その他microSD対応
指紋認証
おサイフケータイ対応
ワンセグ・フルセグ対応
防水・防塵対応

いわゆる「全部入り」です。
スペックは他でも詳しく紹介されていますので、触れるのはこのくらいにします。

ちなみにこの「Xperia 1」は中古スマホショップ「じゃんぱら」で購入しました。
メインで使っている「Xperia XZ1」(au版)からの機種変更するためです。

SIMロック解除されたau版の未使用品で、価格は72,800円(税込)。
発売から半年経っていますが、まだまだ高いですね。

本当は小型化している「Xperia 5」を買いたかったのですが、未使用品は9万円以上しましたので諦めました
( ̄▽ ̄;)

追記:2020/02/21
今まで使っていた回線をauからUQモバイルに乗り換えました!
Xperia 1」はUQモバイル回線にしても、そのまま使っています。

「Xperia 1」・まとめ

アスペクト比21:9になった超縦長画面の「Xperia 1」。
他のスマホと比べるとその長さが目立ちます。
加えて持ちにくくなってしまいました。

ですが一度に画面表示できる情報量は他のスマホより多いため、意外と実用的なスマホです。

追記:2020/08/28
SIMフリー版の「Xperia 1」が「ソニーストア」から発売されました!
2019年10月に発売された「Xperia 1 Professional Edition」と違って、価格は86,900円(税込)とはるかに安くなっています!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました