【SendAnywhereの使い方】iOSとAndroid間のファイル共有が登録不要&無料で簡単!

iPhone7とZenFone6(SendAnywhere)アプリ・ソフト
スポンサーリンク

iOS(またはiPadOS)同士なら「AirDrop」(エアードロップ)、Android同士なら「Nearby Share」(ニアバイシェア)で、写真などのファイルを共有できます。

しかしiOSとAndroid間でファイルを共有したい場合もあるでしょう。

そんなときはファイル転送アプリ「Send Anywhere」を使うと簡単にできます。

今回は自分もよく使っている「Send Anywhere」の使い方を紹介します。

アキラ
アキラ

しかも登録不要、無料で簡単に使える!

登録不要&無料の「Send Anywhere」

「Send Anywhere」は会員登録不要、しかも無料で使えるファイル転送アプリです。
冒頭で紹介したように、iOSとAndroid間ででのファイル共有(転送)が可能です。
もちろんiOS同士、Android同士でもファイル共有(転送)ができます。

Send Anywhere (ファイル転送・送信)
Send Anywhere (ファイル転送・送信)
開発元:ESTmob Inc.
無料
posted withアプリーチ

最初にアプリを起動すると、写真などへのアクセス許可が必要ですが、すぐに使えます。

簡単に使い方を紹介すると、ファイルを選択して送信。
表示された6桁のキー(またはQRコード)を受信側端末で入力するだけです。
(詳しくは後で紹介します。)

共有(転送)には、インターネット回線を使います。
なのでデータ容量が大きいファイルを共有(転送)するなら、送信側・受信側のどちらともWi-Fiに接続した方がよいでしょう。

ちなみに実際に使ってみると、広告が少し多い印象ですね。
バナー広告が表示されたり、転送完了後に大きく広告画像が出てきたりします。
無料版なので仕方ありません。
有料版には広告がありませんので、気になってしまう場合はアップグレードした方がよいかもしれませんね。

使い方:選択&送信だけ

「Send Anywhere」の使い方を詳しく紹介します。
「Send Anywhere」のファイル共有(転送)方法はいくつかありますが、今回は一番簡単な6桁のキー(またはQRコード)入力による共有(転送)方法を紹介しますね。

試しに「iPhone7」(iOS・送信側、以下「送」)から「ZenFone6」(Android・受信側、以下「受」)に写真を共有(転送)してみました。
逆でも操作方法は同じです。

1.【送】「送信」から、共有(転送)したい写真を選択し、「送信」。
iOSの場合は写真自体をタップすれば選択できますが、Androidの場合は写真自体をタップするとプレビューになってしまいます。
なので左上の丸マークをタップすると選択できます。

SendAnywhereの使い方手順1

2.【送】表示される6桁のキー(またはQRコード)を確認。
6桁の数字とQRコードが表示されます。
ちなみに有効期限は10分です。

SendAnywhereの使い方手順2

3.【受】「受信」から、6桁のキー(またはQRコード)を入力。

SendAnywhereの使い方手順3

4.転送完了。

SendAnywhereの使い方手順4

iPhone7(iOS)

SendAnywhereの使い方手順5

ZenFone6(Android)

これで「Send Anywhere」による写真の共有(転送)が完了です。

ちなみにiOSの場合は自動で「Send Anywhere」アルバムが作られ、受信した写真が追加されますね。
Androidの場合は、「Send Anywhere」フォルダーがストレージ内に自動で作られます。

アキラ
アキラ

共有(転送)操作方法も簡単!

スマホとパソコン間でも共有可能!

「Send Anywhere」はiOSとAndroid間だけでなく、パソコンともファイル共有(転送)ができます。

パソコンで使うには、ブラウザから「Send Anywhere」にアクセスするだけです。

SendAnywhereブラウザから

使い方は、先程紹介したスマホ同士のファイル共有(転送)方法と同じ。
大きな違いはありません。

ただ、無料版では広告が入るタイミングが違いますね。
パソコン版では送信・受信するときに、スキップできない広告が5秒流れます。(5秒後はスキップ可能)

また送信するファイルは、ブラウザにドラッグするだけで追加することができます

ちなみに自分は「Send Anywhere」でスマホ・パソコン間のファイル共有をしていません。
代わりに「AirDroid」を使っています。
Androidの場合は、「AirDroid」でパソコンを使ってAndroid端末内のファイル管理ができますので。

Wi-Fiでスマホからパソコンに写真を送る&管理「AirDroid」【登録いらずで簡単】

Wi-Fiでスマホからパソコンに写真を送る&管理「AirDroid」【登録いらずで簡単】

「Send Anywhere」・まとめ

「Send Anywhere」は、登録不要・無料で使えるファイル共有(転送)アプリ。
6桁のキー(またはQRコード)を入力するだけで、iOSとAndroid間のファイル共有が簡単にできます。
ブラウザにも対応しているため、スマホとパソコン間でも使うことができます。

かなり便利なので自分はよく使っていますね!

関連記事:Android版AirDrop「Nearby Share」(ニアバイシェア)の使い方【簡単に写真共有】

Android版AirDrop「Nearby Share」(ニアバイシェア)の使い方【簡単に写真共有】

関連記事:使いやすい「Nearby Share」!でも速いのは「Files by Google」?【使い方】

使いやすい「Nearby Share」!でも速いのは「Files by Google」?【使い方】

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました