「ChargeSPOT」でモバイルバッテリーをレンタル!移動しながらスマホを充電!165円(税込)~

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリースマートフォンetc.
スポンサーリンク

スマホを使っていると必ず付きまとうバッテリー残量問題。
特に外出移動中にバッテリー残量が少なくなると困りますよね。
しかもそんな時に限ってモバイルバッテリーを持っていなかったりします
(´・ω・`)

今回はいろいろな場所でモバイルバッテリーをレンタルできる「ChargeSPOT」を実際に使ってみましたので紹介します!

アキラ
アキラ

移動しながらスマホを充電!

「ChargeSPOT」(チャージスポット)

冒頭でも紹介したように、ChargeSPOT」(チャージスポット)はモバイルバッテリーをレンタルできるサービス。

お店などでこんなような機械を見たことがあると思います。

「ChargeSPOT」

これが「ChargeSPOT」ですね。
2021年1月現在、全国に25,000台もの台数が設置されています。
ファミリーマートやタリーズコーヒーなどのチェーン店からショッピングモールや駅など人が集まるところにも「ChargeSPOT」はありますので、いろいろな場所でモバイルバッテリーを借りることができます。

ChargeSPOTマップ

しかもモバイルバッテリーを返すときは、借りた場所じゃなくてもOK!
なので移動しながらスマホを充電することもできますね。

165円(税込)で30分まで利用可能

(2021/4/1 更新)

ChargeSPOT」は165円(税込)で30分まで、モバイルバッテリーがレンタルできます。

詳しい料金は次の通り。

レンタル時間価格(税込)
~30分165円
30分~2日(48時間)330円
2日(48時間)~3日(72時間)660円
3日(72時間)~4日(96時間)990円
4日(95時間)~5日(120時間)1,320円
5日(120時間)~3,300円

2日借りても330円(税込)なので、なかなか手頃ですね。

ちなみに自分は今回、ポケモンGOで配布されているクーポンを使ってレンタルしています。

「ChargeSPOT」のポケストップの右上にある「お得な情報」を選択するとクーポンコードが表示されます。
「ChargeSPOT」でモバイルバッテリーをレンタルするときにクーポンコードを使えば、指定時間まで無料になりますね。

ポケモンGOの「ChargeSPOT」ポケモンGOの「ChargeSPOT」

ポケモンGOでは去年(2020年)も「ChargeSPOT」のクーポンを配っていました。
このように「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーは無料で使えることもありますね。

モバイルバッテリーレンタル方法

ここからは実際に「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーをレンタルした方法を紹介します。

アプリダウンロード・初期設定

ChargeSPOT」はアプリですべて完結します。

ChargeSPOT チャージスポット バッテリー/充電器
ChargeSPOT チャージスポット バッテリー/充電器
開発元:INFORICH ASIA HONG KONG LIMITED
無料
posted withアプリーチ

ちなみに今回はAndroid版で紹介しています。

①アクセス許可や電話番号登録

アプリを起動すると、簡単な説明があるので「今すぐ始める」を選択。

「ChargeSPOT」の利用方法(1)

次に各種アクセス許可を求められます。

「ChargeSPOT」の利用方法(2)

Android端末の場合、次のアクセス許可が必要ですね。
・写真と動画の撮影
・位置情報へのアクセス
・電話の発信と管理
・デバイス内の写真、メディア、ファイルへのアクセス

アクセス許可をした後は、プライバシーポリシーを確認して同意します。

「ChargeSPOT」の利用方法(3)

次は電話番号の登録。
SMSを受け取ることができる電話番号を入力して「SMS認証」を選択。
受け取ったSMSの認証コードを入力し、利用規約に同意してログインします。

「ChargeSPOT」の利用方法(4)

他にもFacebookやWeChatでログインできますね。

電話番号の登録(またはSNSでログイン)をした後は、ChargeSPOT」を探すことができるマップに移動します。
が、利用規約の更新があったようで、利用規約を確認して同意しました。

「ChargeSPOT」の利用方法(5)

②支払い方法登録

実際にChargeSPOT」を利用する前に、支払い方法を登録しておきましょう。
「ChargeSPOT」でモバイルバッテリーをレンタルする際に登録することもできますが、面倒なので。

1.左上のメニューから「お支払い情報」を選択。

「ChargeSPOT」の利用方法(6)「ChargeSPOT」の利用方法(7)

2.「登録」を選択。

「ChargeSPOT」の利用方法(8)

3.お支払い情報を登録。
利用できる方法は次の通り。
・クレジットカード
・キャリア決済(ドコモ・au・ソフトバンク)
・Paidy(後払い決済)
・一部のスマホ決済(PayPay・メルペイ)

「ChargeSPOT」の利用方法(9)

ちなみに取得したクーポンは、メニューの「クーポン」から「クーポン獲得」。
クーポンコードを入力することで得ることができます。

「ChargeSPOT」の利用方法 ークーポン(1)「ChargeSPOT」の利用方法 ークーポン(2)

「ChargeSPOT」の利用方法 ークーポン(3)「ChargeSPOT」の利用方法 ークーポン(4)

ポケモンGOで配布されているクーポンの詳細を見るとこんな感じですね。
利用できるクーポンがあれば、特に何も設定せずに自動的に使われるようです。

「ChargeSPOT」の利用方法 ークーポン(5)

ただクーポンだけでは利用できず、必ずお支払方法を設定する必要がありますね。
自分はクーポンだけ獲得して「ChargeSPOT」を利用しようとしたので、実際にレンタルしようとしたときが少々面倒でした
( ̄▽ ̄;)
※後で紹介します。

モバイルバッテリーレンタル

さて実際にモバイルバッテリーをレンタルしてみます。

①「ChargeSPOT」を探す

まずは最寄りの「ChargeSPOT」を探します。

マップ上にある青印の「ChargeSPOT」が現在レンタルできるモバイルバッテリーがある場所ですね。
青印をタップすると、どんなお店(場所)で貸出可能数はいくつあるかを確認することができます。

「ChargeSPOT」の利用方法(青印)

灰色印は現在モバイルバッテリーをレンタルできない「ChargeSPOT」ですね。
営業時間外や貸出可能数が0台の場合はこのようになっています。

「ChargeSPOT」の利用方法(灰色印)

ちなみに自分は今回、ファミリーマートでレンタルして別のファミリーマートでモバイルバッテリーを返却しました。

②QRコードをスキャン

「ChargeSPOT」

これがファミリーマートにあった「ChargeSPOT」ですね。
店の入り口、ゴミ箱の上にありました。

レンタル方法は簡単で、QRコードをスキャンするだけ。
アプリ画面には下に「QRコードスキャンして借りる」があるので、そこから「ChargeSPOT」にあるQRコードをスキャンします。

「ChargeSPOT」の利用方法(9-1)

スキャンすると「ChargeSPOT」の情報や料金が表示されます。

「ChargeSPOT」の利用方法(10)

支払い方法の登録が完了していれば、次に進むことができると思います。
自分は支払い方法を登録していませんでしたので、その場でいろいろ入力することがあって面倒でしたね
( ̄▽ ̄;)

「ChargeSPOT」の利用方法(13)

ロックが外れて、モバイルバッテリーを取り出すことができるようになります。
今回は真ん中のモバイルバッテリーですね。

アプリでは、現在の利用時間とその値段が表示されます。
マップ上に表示される「ChargeSPOT」の青印・灰色印はなくなり、黄色印のみになりますね。
黄色印は現在モバイルバッテリーを返すことができる場所です。

「ChargeSPOT」の利用方法(12)

借りたモバイルバッテリー

ここでレンタルしたモバイルバッテリーを見てみましょう。

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリー

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーの背面

ChargeSPOT」でレンタルできるモバイルバッテリーの主な仕様は次の通り。
・容量:5,000mAh
・出力:2A(5V)
・入力:1.5A(5V)

一般的なモバイルバッテリーですね。
後ろには、3種類(Lightning・microUSB・USB Type-C)のケーブルが直接つながっています。

iPhone 7と大きさを比較するとこんな感じ。

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーとiPhone7

普通のスマホと同じくらいの大きさですね。
感覚的には重さもiPhone 7と同じくらいでした。

充電速度も普通ですね。
試しに充電した「ZenFone 5Z」(Android)では、72%から100%まで充電させるためにかかった時間が55分でした。

ちなみにChargeSPOT」のモバイルバッテリーは、microUSBケーブルを用意すれば自分で充電することもでき、何回も繰り返し使えますね。

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーの充電

モバイルバッテリーの上部は電池残量のLED。
4段階になっています。

③返却

モバイルバッテリーを使い終わったので返却します。

「ChargeSPOT」

先程紹介したように、返却場所は借りた場所と異なるファミリーマート。
今度はイートインスペースにありました。

返すときはモバイルバッテリーを空いているスロットに挿せば終わり。

「ChargeSPOT」の利用方法(13)

「ChargeSPOT」の下の画面には利用時間や金額が表示されますね。

アプリではレンタル終了のお知らせが表示されます。

「ChargeSPOT」の利用方法(14)

「ChargeSPOT」・まとめ

今回はモバイルバッテリーをレンタルできる「ChargeSPOT」の利用方法を紹介しました。

1.アプリをダウンロード
2.電話番号や支払い方法の登録
3.QRコードをスキャンしてレンタル

実際のモバイルバッテリーはスマホと同じくらいの大きさなので、あまり大きな荷物でもありません。
「ChargeSPOT」でレンタルしたモバイルバッテリーは別の「ChargeSPOT」で返すことができるので、移動しながらの充電もできますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました