「Galaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデート!ほぼ変化なしでも標準より使いやすい

「Galaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデートスマートフォンetc.
スポンサーリンク

老舗のスマートフォンブランド「Galaxy」シリーズ。
中でも「Aシリーズ」は、比較的値段が安い買いやすいシリーズです。

約1ヶ月前からau版「Galaxy A51 5G」に「Android 12」が配信されています。

ということで、今回はGalaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデートした際の変化をまとめます。

アキラ
アキラ

細かな違いはあれど大きな変化はなし。
今まで同様Wi-Fiオンオフも別々だから使いやすい。

アップデートは約20分

au版「Galaxy A51 5G」(型番:SCG07)に「Android 12」が配信されるようになった日は、2022年5月11日から。
初期搭載OSは「Android 10」なので、これで2回目のメジャーアップデートですね。

Galaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデートするには約20分かかりました。

アップデートは「設定」→「ソフトウェア更新」→「ダウンロードおよび」インストール」からできますね。

ダウンロードデータ容量は約2.2GB。
結構なデータ容量です。
(バージョン:SCG07KDU1CVC5/SCG07QDI1CVC5/SCG07KDU1CVC5)

「Galaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデート「Galaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデート

内訳はダウンロード・インストール準備に約10分、再起動後のインストールに約10分でしたね。

新バージョン「One UI 4.1」

「Galaxy」シリーズはAndroidスマートフォンですが、使いやすくするために「One UI」と呼ばれるカスタマイズがされています。

「Android 11」のときは「One UI 3.1」でした。
「Android 12」にアップデートされて、「One UI」もアップデート。
「One UI 4.1」になりましたね。

ほぼ変化なしで今までと同じ使い勝手

Android 12」(One UI 4.1)と「Android 11」(One UI 3.1)のスクリーンショットを比較してみましょう。

■ロック画面

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のロック画面
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)のロック画面
▲Android 11

■ホーム画面

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のホーム画面
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)のホーム画面
▲Android 11

■通知領域

「Galaxy A51 5G」(Android 12)の通知領域
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)の通知領域
▲Android 11

■クイック設定

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のクイック設定
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)のクイック設定
▲Android 11

■設定

「Galaxy A51 5G」(Android 12)の設定
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)の設定
▲Android 11

■電源メニュー

「Galaxy A51 5G」(Android 12)の電源メニュー
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)の電源メニュー
▲Android 11

どうでしょうか。
細かな違いはあれど、見た目はほぼ変化なしですね。

なのでアップデートしても操作方法に迷うことはないでしょう。

特に今までと同じように、クイック設定でWi-Fiのオンオフがワンタップでできることは、神カスタマイズですね。

Wi-Fiが今まで通り別(標準は統合)

Googleの「Pixel」シリーズなど標準のAndroid(素のAndroid、AOSP)の場合、「Android 12」では巷で不評な仕様が1点あります。

それが「Wi-Fiとモバイルネットワークの統合」。

標準のAndroid 12では、クイック設定で今まで別々だったWi-Fiとモバイルネットワークが「インターネット」として統一されているんですよね。

そのためクイック設定からWi-Fiをオンオフするときは、「インターネット」→「Wi-Fi」を選択しなければならなくなり、ワンテンポ増えてしまいました。

「Zenfone 8」/「Android 12」のWi-Fiオンオフ(1)「Zenfone 8」/「Android 12」のWi-Fiオンオフ(2)
▲Zenfone 8(Android 12)の場合

自分もこの仕様はかなり不便と感じています。

しかしご覧のように、「One UI 4.1」のクイック設定では、Wi-Fiのオンオフが今までと同じく別々

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のクイック設定

ワンタップでWi-Fiのオンオフができます。

さすが使いやすい「One UI」です。

その他の変化

「One UI 4.1」(Android 12)には他にも変化がありますね。
自分が感じた主な変化をまとめます。

カメラの倍率がわかりやすく

細かな点ですが、カメラアプリが使いやすくなりましたね。

「One UI 4.1」(Android 12)ではズーム倍率がわかりやすくなりました。

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のカメラ
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)のカメラ
▲Android 11

今までは木のマークで倍率が表されていましたが、数字になりましたね。

カメラやマイク使用でアイコン

これは「One UI」ではなく、「Android 12」に共通する変更点ですね。

Android 12」では、カメラやマイク使用時にステータスバー(右上)に緑色のアイコンが表示されるようになりました。

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のカメラ
▲カメラの場合

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のレコーダー
▲レコーダーの場合

この辺りは、ライバルであるiOS(iPhone)では既に実装されていますね。
セキュリティ強化のためでしょう。
不正に使用されていないか、ユーザーが簡単に確認できるようにした感じですね。

ウィジェット変化/Keepの表示が…

これも「One UI」ではなく、「Android 12」に共通する変更点。

Android 12」では、ホーム画面に置ける「ウィジェット」も変化しているものがありますね。

例えばGoogle純正メモアプリの「Keep」。
「Keep」のウィジェットは、メモ記載上部の5行程度が表示されて便利なんですよね。
ホーム画面に戻るだけでメモを確認できますので。

しかしAndroid 12」では、「Keep」の表示がメモ記載上部3行程度に。
「Keep」ウィジェットの文字表示量が少なくなってしまいました。

「Galaxy A51 5G」(Android 12)のGoogleKeepのウィジェット
▲Android 12

「Galaxy A51 5G」(Android 11)のGoogleKeepのウィジェット
▲Android 11

自分としては少し残念ですね。
こうなることは他端末で知っていたものの、「Keep」のアプリバージョンによるものと思っていました。
どうやらOS依存のようですね。

「Galaxy A51 5G」Android 12・まとめ

今回はGalaxy A51 5G」を「Android 12」にアップデートした変化をまとめました。

アップデートしてもほぼ変化がありませんでした。
しかし細部は使いやすくなった印象です。

特にクイック設定のWi-Fiオンオフは、今まで同様ワンタップで切り替え可能。
標準のAndroid 12ではモバイルネットワークと統合されてしまって使いにくくなっています。

ユーザーの使い勝手に考慮した「One UI」はさすがの安定感ですね。

ちなみに処理速度などの操作感は、Android 11の頃とあまり変わらないように感じます。
まだアップデートしてわずかな時間しか経っていませんので、はっきりと言うことはできませんね
m(_ _)m

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました