【新旧PC用USBスピーカー比較】「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」/小さくなって倒れにくくなった!

「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(正面)タブレット・パソコンetc.
スポンサーリンク

古いUSBスピーカーと新しいUSBスピーカーの違いは?

同じメーカーのUSBスピーカーを新しく買うなら気になるところでしょう。
何も変わっていないなら買い替える必要がありませんからね(壊れているなら別)。

今回は自分が使っている、新旧2種類のBUFFALO製USBスピーカー「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」を比較します。

アキラ
アキラ

新しい「BSSP105UBK」は、小さくて倒れにくくなった!

USBスピーカー新旧比較:値段はほぼ同じ

冒頭でも紹介したように「BSSP105UBK」を「BSSP29UBK」はBUFFALO製のUSBスピーカー。
電源はUSB端子になっている、主にパソコン用として使うものですね。

BSSP105UBK」は現在も販売されている新しいUSBスピーカー。

BSSP29UBK」は5年以上前に発売された古いUSBスピーカーですね。

自分の場合、「BSSP105UBK」は先日のAmazonブラックフライデーセール(2021年11月26日~12月2日)で購入しました。

BSSP105UBK」の詳しいレビューはこちらの記事で紹介しています。

「BSSP29UBK」は3年以上前に、こちらもAmazonで購入しました。

BSSP29UBK」の詳しいレビューはこちらの記事で紹介しています。

購入時のそれぞれの価格は次の通り。

BSSP105UBK:780円(税込)
BSSP29UBK :723円(税込)

なので「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」は同じくらいの値段ですね。

ちなみに現行のUSBスピーカー「BSSP105UBK」はAmazonなど特定販売店で販売されているもの。
一般向けは「BSSP100UBK」と呼ばれる型番になっています。

サイズがコンパクトに

まずは大きさの違いから。
正面から見てみるとこんな感じですね。
左が「BSSP105UBK」(新)、右が「BSSP29UBK」(旧)です。

「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(正面)

一目見てわかるでしょう。
新しい「BSSP105UBK」の方が明らかに小さいですね。

上から見るとこんな感じ。

「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(上)

奥行きはほぼ同じくらいですね。

実際の大きさはそれぞれ次の通り。

BSSP105UBK
・高さ7.2cm × 幅6.4cm × 奥行6.0cm
・重さ210g
BSSP29UBK
・高さ11.0cm × 幅9.0cm × 奥行5.5cm
・重さ285g

新しい「BSSP105UBK」の方が軽くもありますね。

立方体で倒れにくく

横と後ろから見てみるとこんな感じ。

「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(横)「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(後)

サイズの違い以外にも形状も全然違いますね。
新しい「BSSP105UBK」は立方体、古い「BSSP29UBK」は卵のような丸い形をしています。

実際に使っているとこの形状の差はかなり大きく、「BSSP29UBK」(旧)は置いていてもよく転倒していました。
丸いので転がりやすいですからね。
しかし「BSSP105UBK」(新)は置いていても全然転倒しません。

アキラ
アキラ

小さくなって倒れにくい形の「BSSP105UBK」!

またどちらともスピーカー本体からUSB端子までのケーブルの間には音量を変更できるリモコンがありますね。

「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」(ボリュームコントローラー)

左が「BSSP105UBK」(新)、右が「BSSP29UBK」(旧)です。
ボリュームコントローラーは新しい「BSSP105UBK」の方が大きいですね。

ちなみにケーブルの長さはどちらとも全く同じで1.2m。
ボリュームコントローラーまでの長さも全く同じ。
スピーカー・リモコン間は0.5m、リモコン・プラグ間は0.7mです。

音質はほぼ同じ。でも・・・

スピーカーなので「音」が重要でしょう。
新しい「BSSP105UBK」も古い「BSSP29UBK」も音質はほぼ同じに感じましたね。
感覚的でごめんなさい m(_ _)m

高音も低音も似たり寄ったり。
はじめに紹介したように、どちらも1,000円以内で買えてしまう比較的安めのUSBスピーカーです。
どちらの音質も相応ですね。

カタログスペックも似たり寄ったり。
音の主な仕様は次の通り。

BSSP105UBK
・最大出力:3.6W (1.8W × 1.8W)
・周波数帯域:90Hz~18,000Hz
・インピーダンス:4Ω
・最大消費電力:5.9W
BSSP29UBK
・最大出力:4W
・周波数帯域:90Hz~18,000Hz
・インピーダンス:4Ω
・最大消費電力:5W

わずかながら「BSSP29UBK」の方が性能がよいかもしれませんね。
「BSSP29UBK」の方が出力が高く、消費電力が少なめですから。
しかしその差は、本当に極わずか。
誤差の範囲でしょう。
実際聞き比べたりしても、このように差は感じませんでしたからね。

待機ノイズがなくなった

音質は同じでも、音周りの一番の差がコレ。
新しい「BSSP105UBK」は待機時のノイズが全くないこと。

これも本体形状並に大きな差ですね。

古い「BSSP29UBK」では電源を入れた状態にしていると、「ジー」や「サー」とノイズがありました。

新しい「BSSP105UBK」は電源を入れた状態にしても全くノイズがありません。

アキラ
アキラ

「BSSP105UBK」は待機ノイズがないのでストレスフリー!

まとめ

今回は新旧2種類のBUFFALO製USBスピーカー「BSSP105UBK」と「BSSP29UBK」を比較しました。

違いは次の通り。

・「BSSP105UBK」(新)はサイズが小さい
・「BSSP105UBK」(新)は倒れにくい
・音質はほぼ同じ
・待機ノイズがない「BSSP105UBK」(新)

新しい「BSSP105UBK」は使いやすくなっていますね。

参考:スペック比較

 (新)BSSP105UBK(旧)BSSP29UBK
最大出力3.6W (1.8W × 1.8W)4W
周波数帯域90Hz~18,000Hz90Hz~18,000Hz
インピーダンス
最大消費電力5.9W5W
サイズ
(高さ×幅×奥行)
7.2cm × 6.4cm × 6.0cm11.0cm × 9.0cm × 5.5cm
重さ210g285g
ケーブル長全長1.2m
※スピーカー・リモコン間:0.5m
 リモコン・プラグ間:0.7m
全長1.2m
スピーカー間1m
※スピーカー・リモコン間:0.5m
 リモコン・プラグ間:0.7m

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました