Apple PayでWAONを使う【WAONアプリも登録でポイント2倍になることも】

Apple PayでWAONスマホ決済
スポンサーリンク

iPhoneの便利機能の一つが「Apple Pay」。
お店での支払いがタッチだけで済んでしまうスマホ決済の一つですね。
そんなApple Payに2021年10月21日、ついに電子マネー「WAON」が対応。

早速使ってみましたので、今回はApple PayのWAONの使い方を紹介します。

アキラ
アキラ

設定が手間だけど、2つのアプリを使った方が何かと便利。
特に「WAONアプリ」で登録しておくと、イオングループの対象店舗でポイントが2倍になってお得。

「Apple Wallet」 or 「WAON」 で発行

Apple PayWAONを使うには、まず次の環境である必要があります。

iPhone 8以降 かつ iOS15以降

FeliCa搭載のiPhoneでも、iPhone 7シリーズは対象外。
またiOSは2021年10月現在の最新版である必要がありますね。

iOSはまだアップグレードしていない人もいるかもしれませんので、条件が少し厳しめです。

ちなみに自分は今回「iPhone 12 mini」を使用しています。

WAONは次のどちらかのアプリから発行することになりますね。

・Apple Walletアプリ
・WAONアプリ

発行は無料。
年会費もかかりません。

それぞれ違いがあり、次の通り。

Apple PayでのWAONの違い
出典:Apple PayでWAONをはじめる

Apple Wallet(ウォレットアプリ)から発行のメリットは、カードの移行やさまざまなクレジットカードからチャージできることでしょう。
反対にWAONアプリからの発行のメリットは、ご当地WAONが使えることやポイントチャージができることでしょう。
しかしWAONアプリではイオンカードからしかチャージができませんね。

このように細かな違いがありますが、Apple WalletアプリとWAONアプリは併用することが可能。
設定の手間が増えますが、両方とも設定しておいた方が後でも紹介するメリットばかりですね。

なので自分は両方とも設定。
次からその設定方法を紹介しますね。

「Apple Wallet」アプリで新規発行

自分の場合、まずは「Apple Wallet」アプリでWAONを新規発行しました。

Apple Wallet」アプリは、iPhoneに始めからインストールされているはずです。

注意事項として、「Apple Wallet」アプリでWAONを設定する前に、対象のクレジットカード(マスター・JCB・AMEX)を登録しておく必要がありますね。

WAONを新規発行するときに、次のように「支払い方法が必要です」と言われてしまいますから。

Apple PayでWAONを設定(1)ーApple Walletアプリー

クレジットカードの登録方法は「Apple Payに楽天カードとYJカードを登録する【設定&使い方】」で詳しく紹介していますので、こちらを参考にしてくださいね。

対象のクレジットカードを登録したら、WAONを新規発行します。

1.ホームの右上の「+」から「電子マネー」を選択。

Apple PayでWAONを設定(2)ーApple Walletアプリー

2.「WAON」を選択し、「続ける」。

Apple PayでWAONを設定(3)ーApple WalletアプリーApple PayでWAONを設定(4)ーApple Walletアプリー

3.チャージ金額を入力し、「追加」。
チャージ最低金額は1,000円です。

Apple PayでWAONを設定(5)ーApple Walletアプリー

自分はとりあえず1,000円だけチャージしました。

4.利用規約を確認し、「同意する」。

Apple PayでWAONを設定(6)ーApple Walletアプリー

5.クレジットカードを選んでチャージ。
自分はYahoo!JAPANカード(現:PayPayカード)(JCB)を使用し、チャージしました。

Apple PayでWAONを設定(7)ーApple Walletアプリー

これでWAONが追加されましたね。

あとは「次へ」を選択。
メインカードにするか選びます。

Apple PayでWAONを設定(8)ーApple WalletアプリーApple PayでWAONを設定(9)ーApple WalletアプリーApple PayでWAONを設定(10)ーApple Walletアプリー

これでiPhoneでWAONが使用可能になりました。
しかしイオングループの対象店舗ではポイントが2倍になるメリットがありますので「WAON」アプリも設定した方がいいですね。

「WAON」アプリも登録/Pが2倍の場合も

先程紹介したように、「Apple Pay」アプリだけでもWAONを使えますが「WAON」アプリにも登録することでイオングループの対象店舗のポイントが2倍になります。
通常は200円の利用で1ポイントのところ、2ポイントになるわけですね。

なので「WAON」アプリも設定します。

WAONアプリ
WAONアプリ
開発元:イオンクレジットサービス株式会社
無料
posted withアプリーチ

1.通知許可選択。ログインまたはアカウント新規作成。

Apple PayでWAONを設定(1)ーWAONアプリー

自分はアカウント新規作成を選択。
多くの人は新規作成になるのではないでしょうか。
以降はその手順になっています。

2.利用規約を確認し同意して「次へ」。

Apple PayでWAONを設定(2)ーWAONアプリー

3.携帯番号を登録し、SMSで受け取った認証コードを入力。

Apple PayでWAONを設定(3)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(4)ーWAONアプリー

4.会員情報(氏名・生年月日・ログインパスワード)を入力し、会員登録完了。

Apple PayでWAONを設定(5)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(6)ーWAONアプリー

5.セキュリティ設定。
数字4桁のパスワードを決めます。
生体認証(iPhone 12 miniなのでFace ID)も設定できますね。

Apple PayでWAONを設定(7)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(8)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(9)ーWAONアプリー

6.「WAONを新規発行またはウォレットアプリで既に設定されている方」を選択。

Apple PayでWAONを設定(10)ーWAONアプリー

7.WAON会員情報を確認し登録完了。

Apple PayでWAONを設定(11)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(12)ーWAONアプリー

使い方の説明を見ることができますが、スキップすることもできますね。

Apple PayでWAONを設定(13)ーWAONアプリーApple PayでWAONを設定(14)ーWAONアプリー

これでWAONアプリも設定完了。
イオングループの対象店舗なら、WAONを利用すると200円で2ポイントになります。
ただし登録当日はまだ200円で1ポイントのままですね。
翌日になると、200円で2ポイントになるようです。

自分は設定当日に自宅近所のマックスバリューでWAONを使ったところ、200円で1ポイントのまま。
翌日(1日後)は使っていませんのでわかりませんが、2日後に使用したところ200円で2ポイントになっていました。

ちなみにWAON番号は、「Apple Wallet」アプリ・「WAON」アプリ、ともに同じものになりますね。

生体認証を使ってWAON支払い

Apple PayWAONを設定しました。
実際に支払うには次のようになりますね。
※「iPhone 12 mini」など「Face ID」(顔認証)のiPhoneの場合。

1.「Apple Wallet」アプリからWAONを選択。
2.サイドボタンを2回押し。
3.「Face ID」で認証(またはパスコード入力で認証)。
4.支払い完了。

WAONをメインカードにしている場合は次の通り。

メインカードがWAON
1.サイドボタン2回押し(ロック状態でもOK)。
2.「Face ID」で認証(またはパスコード入力で認証)。
3.支払い完了。

スムーズですね。
「Face ID」で認証しない限りタッチしても決済されませんので、勝手に決済される心配はなくセキュリティ面は万全です。

ただマスクが必須な現在の世界情勢では「Face ID」が役に立ちません。
実際に決済してみて思いましたね。
「Face ID」が機能しませんので「iPhone 12 mini」を使っている自分の場合は、必ずパスコードを入力することになります。
・・・正直「スマート」ではないように感じました。

同じiPhoneでも「iPhone SE(第2世代)」などは、認証方法が「Touch ID」(指紋認証)。
マスクの有無関係なしに認証・決済できます。
Apple Payでの決済は、現在の世界情勢では「iPhone SE(第2世代)」などのiPhoneの方が、スムーズ・スマートですね。

巷では「Face IDよりTouch ID」と言われていますが、Apple Payでその必要性を再認識しました。

開始記念:500ポイントプレゼント

このようにApple Payに対応したWAON
開始記念として、500ポイントがプレゼントされるキャンペーンをしていますね。

Apple PayのWAONのキャンペーン
出典:電子マネーWAONチャージキャンペーン

条件は合計1万円以上のチャージ。
期限は2021年11月4日 23:59まで。
ただし先着10万名様限定なので、早いに越したことはないでしょう。
ポイント付与は12月20日予定。
「WAONアプリ」で受け取れるようです。

キャンペーンなので応募する必要がありますね。

メールアドレスとWAON番号を入力することで応募完了となります。
実際に応募しましたが、完了メールも送られてきますね。

WAON番号は「Apple Wallet」アプリなら、WAON選択→右上の「…」→「カード番号」。
「WAON」アプリなら、左上の設定(歯車マーク)→「登録情報」→「WAON」で確認することができます。
先程紹介したようにWAON番号はどちらも同じになっています。

ちなみに条件の合計1万円は、キャンペーン応募前のチャージ金額も対象。
あくまで期間内に合計1万円分をチャージすればOKのようです。
自分の場合は既に1,000円チャージ済みなので、残り9,000円でいいということですね。
しかし自分は自宅近所にイオンがあるため、WAONをよく利用しています。
そのため、とりあえず1万円分を追加チャージしました。

Apple PayでWAONを使う・まとめ

今回はApple payWAONの使い方を紹介しました。

設定は「Apple Wallet」アプリor「WAON」アプリから。
しかしお互いメリットデメリットがあります。
設定が手間ですが、併用できますので両方とも設定した方が何かと便利ですね。
特に「WAONアプリ」に登録しておけばイオングループの対象店舗ではポイントが2倍(200円で2ポイント)になりますし。

決済時は生体認証を使って支払い。

ちなみに2021年11月4日までは合計1万円分のチャージで、500ポイントがプレゼントされるキャンペーン中。
Apple PayのWAONは今使い始めた方が、お得ですね。

※アイキャッチ画像典元:Apple Pay

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました