新幹線を安く乗る方法→「ぷらっとこだま」をネットで買う【名古屋・新横浜なら8,300円】

新幹線備忘録
スポンサーリンク

10月は気候も穏やかになってきて旅行日和。
新幹線で目的地まで行くことも多いでしょう。

目的地で楽しむためにも、できるだけ交通費は抑えたいもの。

今回は新幹線を安く乗ることができる「ぷらっとこだま」の買い方等を紹介します。

アキラ
アキラ

情勢も落ち着いてきたから「ぷらっとこだま」を使って、横浜・江の島に一人旅!

※自分は愛知県在住。

東海道新幹線を普通より安く乗れる

ぷらっとこだま」とは、JR東海ツアーズが販売している東海道新幹線の格安チケット。

例えば、自分が利用した2021年10月7日の名古屋⇔新横浜では、通常料金は9,900円(自由席の場合)。
しかし「ぷらっとこだま」なら名古屋⇔新横浜が8,300円!
しかも指定席!

往復なら3,200円も安くなりますので、なかなか大きな差ですね。

ちなみにそれ以外の区間の料金は次の通り。
通常期と繁忙期では微妙に値段が違いますので注意ですね。

「ぷらっとこだま」の料金(通常期)

「ぷらっとこだま」の料金(繁忙期)
出典:JR東海ツアーズ/ぷらっとこだま

「ぷらっとこだま」はグリーン車指定席も乗ることができ、その場合はプラス1,000円~1,500円になります(区間によって変動)。

このようにとにかく新幹線を安く利用できることが「ぷらっとこだま」の最大のメリット。
他にもドリンクが1本無料になる特典もあったりします(詳細は後述)。

ただデメリットもありますね。

・名の通り乗車は「こだま」のみ
 (のぞみ・ひかりは乗車不可のため、
  到着まで少し時間がかかる)
・「こだま」だが利用駅は限られる
 (上の表にある8駅のみ)
・区間内であっても途中乗降不可

この辺りが許容できるなら、十分な選択肢でしょう。

愛知県に住んでいる自分は東海道新幹線の中心。
名古屋駅から乗ることができますし、「こだま」に乗って端(東京・新大阪)まで行っても時間が劇的に変わることもありません。
一人旅なので誰かに迷惑をかけることもありませんし。

アキラ
アキラ

自分の場合、今回は「ぷらっとこだま」が最適なチケットだった。

ネットから購入できる:前日22時まで

ぷらっとこだま」の購入できる場所は次の4つ。

・インターネット
  (1ヶ月前~前日22時まで)
・JR東海ツアーズ各店
  (1ヶ月以上前~前日まで)
・コールセンター
  (1ヶ月前~10日前まで)
・JTB各店、JTB総合提携店

交通機関の切符(チケット)と言えば店舗(現地)での購入イメージがあるかもしれませんが、「ぷらっとこだま」はインターネットでの購入も可能。
現在の世界情勢から考えても、インターネットで購入した方が、ラクでもあり安心もありますね。

ということで、「ぷらっとこだま」をインターネットから購入します。

もちろん乗車区間は「名古屋⇔新横浜」です。

1.「ぷらっとこだま」購入サイトへアクセス。乗車日・駅・時刻を選択して「検索する」。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(1)
※行きの場合のスクショを忘れましたので、帰りの場合(新横浜→名古屋)となっています。

2.希望列車を選択。
普通車の指定席、グリーン車の指定席が選べます。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(2)

3.人数・座席の指定して「次へ」。
座席は詳しい場所を選ぶわけでなく、A席~E席(グリーン車はA席~D席)のどれにするか、を選ぶことになりますね。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(3)

4.内容を確認して「購入手続きへ進む」。
一番上に赤文字で注意事項が書かれていますね。
ここからは20分以内に完了する必要があるようです。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(4)

5.ご利用方法が表示される。内容確認にチェックして「予約へ進む」。
かなり丁寧にご利用方法が書かれています。
なので購入後、どのようにするか迷うことはないでしょう。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(5)「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(6)

6.「旅行条件書」と「個人情報保護」について確認。同意して「次へ」。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(7)「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(8)

7.「マイページサービス」にログイン、または登録。
登録しないで予約する方法もありますが、今後のことを考えると、登録した方がいろいろラクと思われますね。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(9)

自分は初めて「マイページサービス」を利用。
そのためここからは「マイページサービス」の登録も含まれます。

8.メールアドレス入力し、「確認メールを送信する」。
マイページサービスのためです。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(10)

9.送られてきたメールより予約の続き。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(11)

10.申込情報等を入力し、「次へ」。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(12)「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(13)

氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・メールアドレスを入力します。
同時にマイページサービスのために、ニックネーム・パスワードも入力、利用規約の確認・同意もありますね。
それ以外に、利用目的の選択もあります。

支払方法はクレジットカードのみですね。

11.申込情報等の確認、支払方法(クレジットカード情報)入力、取引条件の確認をして、「この内容で申し込む」。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(14)「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(15)「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(16)

これで購入完了。
メールも届きますね。

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(17)

「ぷらっとこだま」ネット予約購入方法(18)

購入したものは行きの切符だけ。
帰りたい場合は当然復路も同じように購入する必要がありますね。

受取方法:券売機でQRコード読取

ぷらっとこだま」のチケットの受取方法は簡単。
駅にある指定席券売機で、チケット予約のQRコードを読み取るだけです。
QRコードはスマホで表示可能ですね。

先程のチケット購入時にも、ご利用方法の詳しい記載がありましたので迷うことはないでしょう。

QRコードはJR東海ツアーズの「予約内容確認」から表示できます。
「マイページサービス」に登録済みなら、ログインするだけでQRコードを表示できますので、そういった意味でも登録しておくべきですね。
(未登録でも、電話番号・メールアドレス・お問合せ番号で表示可能。)

「ぷらっとこだま」QRコード表示

ただスマホで表示させるQRコードは通信環境によって表示されないことがありますね。
自分の場合、帰りのときは表示されませんでした。
その場合は16桁(英数字)の受取コードを入力することになりますね。

駅にある指定席券売機の画面はこのようになっています。
各駅の指定席券売機の場所はこちら

「ぷらっとこだま」指定席券売機の画面

右下の「JR東海ツアーズ 乗車票受取」を選択してQRコードを読取。

「ぷらっとこだま」指定席券売機の画面

QRコードが表示できない時は「受取コード手入力」から入力。

その後は、数字6桁の確認コードを入力。
すると乗車票が発行されます。

「ぷらっとこだま」乗車票

あとは普通の切符と同様に、自動改札機に入れることで入場・乗車できますね。

売店でドリンク1本無料引き換え

先程も紹介したように、「ぷらっとこだま」は新幹線が安くなる以外に、もう一つ特典があります。

それがドリンク1本無料。

乗車票を受け取りと同時に、このようなドリンク引換券も出てきます。

「ぷらっとこだま」ドリンク引き換え券

次のステッカーがある駅の売店で利用できますね。

「ぷらっとこだま」ドリンク引き換えステッカー
出典:JR東海ツアーズ/ドリンク引換券のご案内

引換期限は乗車日から1ヶ月間。

引換できる飲み物は次の4種類。

・660ml以下のソフトドリンク
・350ml以下の缶ビール
・500ml以下の酎ハイ、発泡酒
  ※日本酒は不可
・ドリンク券+180円で187mlワイン

自分は行き帰りどちらともペットボトルのお茶と引き換えました。
しかしお酒などにも引換できる、なかなかいいサービスですね。

アキラ
アキラ

飲み物も貰えるから、「ぷらっとこだま」は一人旅に最適!

「ぷらっとこだま」・まとめ

今回は新幹線を安く乗ることができる「ぷらっとこだま」の買い方等をまとめました。

自分は名古屋⇔新横浜を購入。
往復通常19,800円になるところが、16,600円になりました。

インターネットから購入でき、現地の券売機で受け取り可能。

安いだけでなく、無人でやり取りできますので現在の世界情勢にも適していますね。

さらにドリンクも1本無料になる特典付き。
一人旅には最適でしょう。

余談ですが、横浜・江の島に行ってきて結構な量の写真を、自分が使っているいろいろなスマホで撮ってきました。
(Zenfone 8、Zenfone 6、ROG Phone 5、Xperia 1、iPhone 12 mini、iPhone 7 の6機種。)
さらにCanon製一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」でも撮ってきました。

以下ではこれらのカメラ・写真を比較しています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました