【今の廉価と昔の最新、キレイなのは?】「Galaxy A22 5G」と昔のGalaxyのカメラを比較

「Galaxy A51 5G」と「Galaxy S III α」と「Galaxy S II WiMAX」と「Galaxy Active neo」スマートフォン比較
スポンサーリンク
本記事のリンクはアフィリエイト広告が含まれています。
スポンサーリンク

Galaxy A22 5G 」は2021年12月に発売されたスマートフォン。
定価は22,000円(税込)と安め。
いわゆる「廉価版」です。
しかも約4ヶ月経った2022年4月現在では新品が12,980円(税込)~とさらに安く買えてしまいます。
自分も先日購入しましたね。

ということで今回は、Galaxy A22 5G 」のカメラと昔の「Galaxy」のカメラ、「今の廉価と昔の最新」機種ではどちらがキレイか比較します。

アキラ
アキラ

選ぶなら、当時の最先端より、今の廉価機種!

4つの「Galaxy」で写真比較

今回使っている「Galaxy」シリーズは「Galaxy A22 5G 」の他に次の3つ。

Galaxy S III α (SC-03E)
  ※2012年12月発売
Galaxy S II WiMAX (ISW11SC)
  ※2012年1月発売
Galaxy Active neo (SC-01H)
  ※2015年11月発売

「Galaxy A22 5G」(発売日:2021年12月)を基準にすると、「Galaxy S III α」が約9年前、「Galaxy S II WiMAX」が約10年前、「Galaxy Active neo」が約6年前ですね。

Galaxy S III α」と「Galaxy S II WiMAX」はマイナーチェンジながら、「Galaxy」シリーズのフラッグシップ機。
当時の最先端です。

Galaxy Active neo」は趣旨が異なり、いわゆる「頑丈スマホ」。
最低限使える性能しかありませんので、これとの比較はおまけ程度に思ってください。
ちなみにこのとき、2015年のフラッグシップ機は「Galaxy S6」です。

どれも自宅近所の公園の昼景・夜景などいくつか写真を撮って見ましたので比較します。

※ブログ上に載せるために実際の写真より写真サイズを小さくしています。
そのため実際の写真とブログに載せてある写真は見え方が異なる場合があります。
※カメラの設定はデフォルトです。

「Galaxy A22 5G」と「S III α」

まずは「Galaxy A22 5G 」と「Galaxy S III α」のカメラ比較。

「Galaxy A51 5G」と「Galaxy S III α」

どの写真も左が「Galaxy A22 5G」、右が「Galaxy S III α」となっています。

まずは昼景。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園ー「Galaxy S III α」の写真ー昼間の公園ー

それぞれの最大ズームで撮影するとこのようになりました。
「Galaxy A22 5G」は10倍、「Galaxy S III α」は4倍です。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー「Galaxy S III α」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー

花を撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー花ー「Galaxy S III α」の写真ー花ー

公園内別の場所ですが、夜景はこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー夜間の公園ー「Galaxy S III α」の写真ー夜間の公園ー

室内のぬいぐるみを撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー室内のぬいぐるみー「Galaxy S III α」の写真ー室内のぬいぐるみー

どうでしょうか?

昼の明るさ、花の鮮やかさ、夜の暗さ・明るさ・・・
いずれの写真も「Galaxy A22 5G」の方が鮮明になっていますね。

今の廉価版機種といえど、さすがに約9年も経過していると、カメラ性能がかなり良くなっています。

ただ「Galaxy A22 5G」のズーム性能は期待できないでしょう。
「Galaxy S III α」もあまりキレイではありませんが。

「Galaxy A22 5G」と「S II WiMAX」

続いて「Galaxy A22 5G 」と「Galaxy S II WiMAX」のカメラ比較。

「Galaxy A51 5G」と「Galaxy S II WiMAX」

ご覧のように「Galaxy S II WiMAX」の外装は傷だらけ。
幸いにもカメラレンズは傷ついていないように見えましたが、もしかしたら肉眼では見えない傷があるかもしれませんので参考程度にしてください
m(_ _)m

どの写真も左が「Galaxy A22 5G」、右が「Galaxy S II WiMAX」となっています。

まずは昼景。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園ー「Galaxy SII WiMAX」の写真ー昼間の公園ー

それぞれの最大ズームで撮影するとこのようになりました。
「Galaxy A22 5G」は10倍、「Galaxy S II WiMAX」は4倍です。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー「Galaxy SII WiMAX」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー

花を撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー花ー「Galaxy SII WiMAX」の写真ー花ー

公園内別の場所ですが、夜景はこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー夜間の公園ー「Galaxy SII WiMAX」の写真ー夜間の公園ー

室内のぬいぐるみを撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー室内のぬいぐるみー「Galaxy SII WiMAX」の写真ー室内のぬいぐるみー

「Galaxy S II WiMAX」も「Galaxy S III α」のときと同じく、全然違いますね。
やはり「Galaxy A22 5G」は全体的に色合いが鮮やか。
輪郭もはっきりしています。

・・・「Galaxy S II WiMAX」の夜景は特にひどいですね。
白飛びが激しく、左下には謎の線が入っています(もしかしたらこれが肉眼では見えないレンズの傷かも)。

「Galaxy A22 5G」と「Active neo」

最後は「Galaxy A22 5G 」と「Galaxy Active neo」のカメラ比較。

「Galaxy A51 5G」と「Galaxy Active neo」

どの写真も左が「Galaxy A22 5G」、右が「Galaxy Active neo」となっています。

まずは昼景。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園ー「Galaxy Active neo」の写真ー昼間の公園ー

それぞれの最大ズームで撮影するとこのようになりました。
「Galaxy A22 5G」は10倍、「Galaxy Active neo」は4倍です。

「Galaxy A22 5G」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー「Galaxy Active neo」の写真ー昼間の公園(ズーム)ー

花を撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー花ー「Galaxy Active neo」の写真ー花ー

公園内別の場所ですが、夜景はこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー夜間の公園ー「Galaxy Active neo」の写真ー夜間の公園ー

室内のぬいぐるみを撮るとこんな感じ。

「Galaxy A22 5G」の写真ー室内のぬいぐるみー「Galaxy Active neo」の写真ー室内のぬいぐるみー

「Galaxy Active neo」の場合も結構違います。
「Galaxy A22 5G」の方が全体的に色合いが鮮やか。
輪郭もはっきりしています。

あまりよくない「Galaxy A22 5G」のズーム画像ですが、「Galaxy Active neo」のズーム画像の方がさらによくないですね。

「Galaxy Active neo」は最低限度の性能しかないスマホですのでカメラ性能も低めなのでしょう。

カメラスペック比較

それぞれのカメラスペックを比較すると次の通り。

Galaxy A22 5G  (アウトカメラ)
・約1,300万画素 F値1.9
Galaxy S III α (アウトカメラ)
・約810万画素
Galaxy S II WiMAX (アウトカメラ)
・約808万画素
Galaxy Active neo (アウトカメラ)
・約800万画素

いずれも単眼レンズ。
しかし画素数に大きな違いがありますね。
「Galaxy A22 5G」は他の3機種に比べて、約1.5倍の画素数となっています。

意外なことに比較対象とした昔の「Galaxy」3機種は、実はほぼ同じカメラ性能。
なので「Galaxy A22 5G」との比較が同じような結果になるわけですね。

ちなみに4機種ともカメラシャッター音が大きめ。
「Galaxy」シリーズは昔からカメラシャッター音が大きいようですね。

カメラ比較・まとめ

今回は、Galaxy A22 5G 」のカメラと昔の「Galaxy」のカメラ、「今の廉価と昔の最新」機種ではどちらがキレイか比較しました。

比較した「Galaxy」シリーズは約9年差がある「Galaxy S III α」をはじめ、3種類。

今の廉価版機種といえど、さすがに約9年も経過していると、カメラ性能がかなり良くなっていますね。
全体的に鮮明になっています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました