【カメラ比較】「OPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」【明るいReno7 A】

「OPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」(背面)スマートフォン比較
スポンサーリンク

人気定番シリーズ「OPPO Reno」シリーズ最新モデル「OPPO Reno7 A」を先日買いました。

ということで今回は「OPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」のカメラ比較をしていきます。

アキラ
アキラ

「OPPO Reno7 A」は全体的に明るい。

「OPPO Reno7 A」は全体的に明るい

「OPPO Reno7 A」の発売は2022年6月です。
一方今回の比較対象である「OPPO A5 2020」は2019年12月に発売。
約2年半の差がありますね。

比較するなら同じ「Reno」シリーズが良いかもしれません。
実は以前、前モデルの「OPPO Reno5 A」と比較しています。

しかし自分はこのように「OPPO A5 2020」も持っています。
比較対象として微妙かもしれませんが、同じ「OPPO」(オッポ)製。

ということでせっかくなので、OPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」の双方で、昼景・夜景・室内など、いくつか写真を撮影してみました。

どの写真も左が「OPPO Reno7 A」、右が「OPPO A5 2020」となっています。

※ブログ上に載せるために実際の写真より写真サイズを小さくしています。
そのため実際の写真とブログに載せてある写真は見え方が異なる場合があります。
※カメラの設定はデフォルトです。

昼景:明るい「Reno7 A」

まずは昼間の風景。
自宅近所の公園です。

「OPPO Reno7 A」の写真ー昼間の公園ー「OPPO A5 2020」の写真ー昼間の公園ー

こちらが広角撮影。

「OPPO Reno7 A」の写真ー昼間の公園ー(広角)「OPPO A5 2020」の写真ー昼間の公園ー(広角)

「OPPO Reno7 A」では全体的に明るくなっていますね。
鮮やかにもなっている印象です。

ズーム:鮮明な「Reno7 A」

中央部分をズームで撮影してみました。
が、OPPO Reno7 A」の最大倍率は6倍となっています。
一方OPPO A5 2020」の最大倍率は10倍。
・・・ズーム倍率は「OPPO A5 2020」の方が上ですね。

しかし撮れた写真はかなり違う印象です。

「OPPO Reno7 A」の最大倍率6倍に合わせてそれぞれ撮ってみました。

「OPPO Reno7 A」の写真ー昼間の公園ー(最大ズーム)「OPPO A5 2020」の写真ー昼間の公園ー(6倍ズーム)

「OPPO A5 2020」は同じ倍率でもかなり粗いですね。
「OPPO Reno7 A」も粗めですが全然違います。
「OPPO Reno7 A」は高い倍率で撮影できなくなったとはいえ、粗さが改善されていますね。

「Reno7 A」の花は明るく写る

花を撮ってみるとこんな感じになりましたね。

「OPPO Reno7 A」の写真ー昼間の公園ー(花)「OPPO A5 2020」の写真ー昼間の公園ー(花)

やはり「OPPO Reno7 A」の方が明るく写っている印象です。

ちなみに「OPPO A5 2020」は被写体に近づくと自動的にマクロ撮影(マクロレンズ、後述)に変わってしまいます。
そのため今回は少し遠めに撮影しています。
同じようにメインレンズで比較したかったですからね。

夜景:明るい「Reno7 A」

続いて夜間の風景。
同じく自宅近所の公園です。

「OPPO Reno7 A」の写真ー夜間の公園ー「OPPO A5 2020」の写真ー夜間の公園ー

こちらが広角撮影。

「OPPO Reno7 A」の写真ー夜間の公園ー(広角)「OPPO A5 2020」の写真ー夜間の公園ー(広角)

先程と同じく、「OPPO Reno7 A」の最大倍率6倍に合わせて、木の幹を撮影してみるとこんな感じ。

「OPPO Reno7 A」の写真ー夜間の公園ー(最大ズーム)「OPPO A5 2020」の写真ー夜間の公園ー(6倍ズーム)

夜景も「OPPO Reno7 A」の方が明るいですね。
ただ少し明るすぎるかもしれません。
全体的に黄色っぽくなっています。
HDRが効きすぎなのでしょうか。

かと言って、「OPPO A5 2020」の広角撮影は結構暗め。

夜景はどちらもちょうどいい感じに写りませんね。

夜景モードも明るい「Reno7 A」

夜景モードならどうでしょうか?
「OPPO Reno7 A」も「OPPO A5 2020」も、カメラの一番左のモードから「夜景モード」を選べます。

「OPPO Reno7 A」の写真ー夜間の公園ー(夜景モード)「OPPO Reno5 A」の写真ー夜間の公園ー(夜景モード)

やはり「OPPO Reno7 A」は全体的に明るいですね。
黄色っぽくなっています。

夜景モードなら「OPPO A5 2020」の方が良い写り方かもしれません。

室内:こっちも明るい「Reno7 A」

場所変わって、今度は室内の写真。
サメのぬいぐるみを撮影しました。

「OPPO Reno7 A」の写真ー室内ー「OPPO A5 2020」の写真ー室内ー

もう一つ、チップスターのパッケージ。

「OPPO Reno7 A」の写真ー室内ー(菓子箱)「OPPO A5 2020」の写真ー室内ー(菓子箱)

こちらもわずかながら「OPPO Reno7 A」の方が明るめな印象。
でもまあ基本的には似たり寄ったりでしょうか。

マクロも「Reno7 A」は明るい

後ほどそれぞれのカメラスペックを紹介しますが、「OPPO Reno7 A」も「OPPO A5 2020」も「マクロレンズ」を搭載しています。
被写体に近づいて撮る「マクロ撮影」(接写)もできますね。

「OPPO Reno7 A」は一番右の「その他」→「マクロ」を選ぶことで、「OPPO A5 2020」は被写体に近づくことで自動的にマクロ撮影ができます。

サメのぬいぐるみをそれぞれマクロ撮影してみるとこんな感じ。

「OPPO Reno7 A」の写真ー室内ー(マクロ)「OPPO A5 2020」の写真ー室内ー(マクロ)

ピントが微妙に違ってしまいましたが、やはりこちらも「OPPO Reno7 A」の方が明るめですね。

「Reno7 A」3眼/「A5 2020」4眼

「OPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」のカメラスペックを比較すると次の通り。

OPPO Reno7 A (アウトカメラ)
・約4,800万画素(広角) (F値:1.7)
・約800万画素(超広角) (F値:2.2)、画角120°
・約200万画素(マクロ) (F値:2.4)
OPPO A5 2020 (アウトカメラ)
・約1,200万画素(カラー) f/1.8絞り値
・約800万画素(超広角) f/2.25絞り値
・約200万画素(ポートレート) f/2.4絞り値
・約200万画素(マクロ) f/2.4絞り値

「OPPO Reno7 A」は3眼レンズ、「OPPO A5 2020」は4眼レンズとなっています。
「OPPO Reno7 A」には「ポートレートレンズ」がありません。
ですがこれはそこまで大きな影響ではないと思いますね。

メインレンズの画素数は4倍の差。
「OPPO Reno7 A」の昼景が鮮やかに感じるわけです。
やはり2年半の差は大きいですね。

ちなみにそれぞれのフロントカメラ性能は次の通り。

OPPO Reno7 A (フロントカメラ)
・約1,600万画素
OPPO A5 2020 (フロントカメラ)
・約1,600万画素

こちらはほぼ同じ性能ですね。

カメラ比較・まとめ

今回はOPPO Reno7 A」と「OPPO A5 2020」のカメラ比較をしました。

「OPPO Reno7 A」は「OPPO A5 2020」に比べて全体的に明るい印象。
鮮やかにもなっています。
ただ「OPPO Reno7 A」の夜景は全体的に黄色っぽく、明るすぎるかもしれませんね。

単純なカメラスペックを比較しても、「OPPO Reno7 A」は「OPPO A5 2020」に比べて、メインレンズの画素数が4倍。
そりゃあ鮮やかになるわけです。
やはり2年半の差は大きいですね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました