【実機比較】「Pixel 6a」と「Pixel 6」の本体サイズ&処理性能

「Pixel 6a」と「Pixel 6」スマートフォン比較
スポンサーリンク

先日「Pixel 6a」を買いました。
上位モデルと同じCPU搭載で何をするにもサクサク動作。
「廉価版」扱いですが、それを遥かに超える性能を持っています!

ということで、今回はPixel 6a」と「Pixel 6」の本体サイズと処理性能を比較していきますね。

アキラ
アキラ

「Pixel 6a」の方がコンパクト。
カメラレンズの出っ張りも「Pixel 6a」なら許容範囲!
同じCPUだから処理性能はほぼ同じ。

「Pixel 6a」の方がコンパクトサイズ

2021年10月28日に発売された「Pixel 6」。
前モデルから一新された、何もかも新体験ができるハイエンドスマートフォンです。

その廉価版に当たる「Pixel 6a」が先月の2022年7月28日に発売されましたね。

Pixel 6a」(左)と「Pixel 6」(右)を並べてみるとこんな感じ。

「Pixel 6a」と「Pixel 6」

「Pixel 6a」の方がコンパクトサイズ。
カラーは違いますが基本的なデザインはほぼ同じとなっています。
賛否両論ある帯状のカメラレンズを隔てたツートンカラー。
そのためこのように並べてみると兄弟のような感じですね。

表側、画面はこんな感じ。

「Pixel 6a」と「Pixel 6」

こちらも基本デザインは同じで兄弟のような感じですね。

フロントカメラはどちらも中央のパンチホール式となっています。

「Pixel 6a」と「Pixel 6」のパンチホール

それぞれの本体サイズ等の仕様は次の通り。

Pixel 6a
サイズ:約152.2㎜×約71.8㎜×約8.9㎜
重さ:約178g
画面サイズ:6.1インチ
画面解像度:2,400×1,080(20:9)
Pixel 6
サイズ:約158.6㎜×約74.8㎜×約8.9㎜
重さ:約207g
画面サイズ:6.4インチ
画面解像度:2,400×1,080(20:9)

カタログスペックを比べても、「Pixel 6a」のコンパクトさがわかるでしょう。

特に重さは約30gも異なります。
実際に持ってみるとかなり感覚が違いますね。
「Pixel 6」は重めですが、「Pixel 6a」は軽く感じます。
持ち歩くにはコンパクトな「Pixel 6a」の方がラクですね。

カメラの出っ張り:2mm差

「Pixel 6」シリーズのデザイン上の最大の特徴は、先程も紹介したように特徴的な帯状のカメラ。

このカメラレンズの出っ張りが「Pixel 6a」と「Pixel 6」ではかなり違うんですよね。

「Pixel 6a」と「Pixel 6」の厚さ

「Pixel 6a」と「Pixel 6」ーカメラレンズの厚さー

本体厚さは全く同じ。
しかしカメラレンズの出っ張りはこんなにも違います。

実際に測ってみると次の通り。

Pixel 6a:1mm
Pixel 6  :3mm

2mmも違います。
数字にしてみるとかなり小さく感じますが、実際にはこんなに違うんですよね。

そのためPixel 6」はポケット等に入れたりすると変な厚みを感じてしまいます。
Pixel 6a」はそのように感じません。
他のスマートフォンと同様な感じなので、かなり許容範囲になった印象ですね。

ほとんど同じ処理性能

冒頭でも紹介しましたが、Pixel 6a」と「Pixel 6」は同じCPUを搭載。
「Tensor」(テンサー)と呼ばれる、Googleが新たに作り出したハイエンドなオリジナルCPUです。
スマホの頭脳となるCPUが同じものであるため処理性能も同じ。

双方でアプリの起動比較をしてみるとこんな感じ。

動画内では次の5種のアプリを比較しています。

・Chrome
・Playストア
・Googleマップ
・YouTube
・Twitter

わずかな起動差はあるものの、ほとんど気になりません。
誤差の範囲ですね。
どちらもキビキビ・サクサクです。

この誤差はメモリの差かもしれませんね。
メモリは「Pixel 6a」では6GB、「Pixel 6」では8GB。
約1.3倍の差がありますからね。

ただTwitterを激しくスクロールさせると、「Pixel 6a」ではカクカクします。
理由は画面動作を滑らかにするリフレッシュレートの差でしょう。

リフレッシュレートは「Pixel 6a」では60Hz、「Pixel 6」では90Hz。
1.5倍の差があります。
そのため「Pixel 6」では画面動作がかなり滑らか。
対して「Pixel 6a」はカクカクしてしまうわけです。
メモリと同様に、「Pixel 6a」の廉価版要素ですね。

AnTuTu:62万点と66万点

性能を可視化する「AnTuTuベンチマーク」で、それぞれベンチマークテストをしてみるとどうでしょう。

結果は次の通りでしたね。

Pixel 6a
・623,888
Pixel 6
・664,508

「Pixel 6a」AnTuTuベンチマークテスト結果
▲Pixel 6aの結果

「Pixel 6」AnTuTuベンチマークテスト結果
▲Pixel 6の結果

「Pixel 6a」では約62万点。
「Pixel 6」では約66万点。

CPUが同じであるため、ベンチマークスコアもほとんど変わりませんでした。
約4万点差はやはりメモリによるものが大きいですね。

本体サイズ&処理性能比較・まとめ

今回はPixel 6a」と「Pixel 6」の本体サイズと処理性能を比較しました。

「Pixel 6a」の方がサイズはコンパクト。
出っ張っているカメラレンズも許容範囲の厚さなので、「Pixel 6」よりも持ち歩きがラクですね。

処理性能については同じCPUを搭載しているためほとんど変わりません。
ですがメモリ差や画面リフレッシュレート差があるため、やはり「Pixel 6」の方が若干性能は上ですね。

参考:スペック比較

機種名Pixel 6aPixel 6
メーカーGoogleGoogle
発売日2022年7月28日2021年10月28日
OSAndroid 12~Android 12~
CPUGoogle TensorGoogle Tensor
メモリ6GB8GB
ストレージ128GB128GB / 256GB
メインカメラ約1,220万画素(広角)
+約1,200万画素(超広角)
約5,000万画素(広角)
+約1,200万画素(超広角)
フロントカメラ約800万画素
※パンチホール
約800万画素
※パンチホール
バッテリー容量約4,410mAh4,614mAh
画面解像度2,400×1,080(有機EL)
※60Hz駆動
※アスペクト比20:9
2,400×1,080(有機EL)
※90Hz駆動
※アスペクト比:20:9
画面サイズ約6.1インチ約6.4インチ
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約152.2㎜×約71.8㎜×約8.9㎜約158.6㎜×約74.8㎜×約8.9㎜
重さ約178g約207g
Sage /
Chalk /
Charcoal
Sorta Seafoam /
Kinda Coral /
Stormy Black
ネットワーク4G・5G(sub6)
全キャリア(au・ソフトバンク・
  ドコモ・楽天モバイル)対応
4G・5G(sub6)
全キャリア(au・ソフトバンク・
  ドコモ・楽天モバイル)対応
SIMデュアルSIM(nanoSIM・eSIM)対応デュアルSIM(nanoSIM・eSIM)対応
その他おサイフケータイ(FeliCa):対応
防水防塵:対応(IP67)
microSD:非対応
ワイヤレス充電:非対応
OS保証(セキュリティ5年間
 ・OSアップグレード3年間)
イヤホンジャックなし
おサイフケータイ(FeliCa):対応
防水防塵:対応(IP68)
microSD:非対応
ワイヤレス充電:対応
OS保証(セキュリティ5年間
 ・OSアップグレード3年間)
イヤホンジャックなし
価格(税込)
※一括の場合
Google Store:53,900円
ソフトバンク:67,680円
au:53,270円
Google Store
 128GBモデル:74,800円
 256GBモデル:85,800円
ソフトバンク
 128GBモデル:85,680円
 256GBモデル:99,360円
au
 128GBモデル:82,695円

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました