「iPad Pro」と「ARROWS Tab」でお絵かき対決!価格差約13倍の違いを比較する

iPad Pro (2020)とARROWS Tab Q584/Hタブレット・パソコン比較
スポンサーリンク

専用タッチペン対応タブレットの使い道として多いと思われる「お絵かき」。
しかし実際の描き心地はピンからキリまであります。

自分は手書きメモ兼お絵かき用に「ARROWS Tab Q584/H 」と「iPad Pro (2020)」を買いました!
最近は主にお絵かき用になっていますw
「ARROWS Tab Q584/H」は「iPad Pro (2020)」が発売されるまで使っていました。

今回は「iPad Pro (2020)」と「ARROWS Tab Q584/H 」で絵を描き、描き心地を比較します。
・・・練習中ですので下手です ( ̄▽ ̄;)

ちなみに自分が購入した「iPad Pro (2020)」(Apple Pencil含む)と「ARROWS Tab Q584/H」の価格差は約13倍!

アキラ
アキラ

「ARROWS Tab」の描き心地は悪くない。でも「iPad Pro」で描くと大きく違いを感じる。やはり「iPad Pro」では描きやすい!

2つのタブレットで絵を描いてみる

iPad Pro (2020)」と「ARROWS Tab Q584/H 」でピカチュウを模写してみました。

iPad Pro(2020)で描いたピカチュウ

iPad Pro (2020)

ARROWS Tab Q584/Hで描いたピカチュウ

ARROWS Tab Q584/H

アキラ
アキラ

下手!

絵のバランスがあまりよくありません。
特に「ARROWS Tab」ではピカチュウの左側の目の位置がおかしいですね。
また2つともピカチュウの左側の耳の長さが右側の耳より少し短かった・・・

・・・と、自分の絵の下手さは置いておきまして・・・

実際に2つのタブレットで絵を描いてみて感じたこと
・iPad Pro (2020)
  → とても描きやすい
・ARROWS Tab Q584/H
  → iPadより描きにくい

当たり前な結果かも・・・?

ただ思っていた以上に「ARROWS Tab」は描きにくくありませんでした。

詳しく違いを見ていきます。

タブレットとペンの間のズレ

iPad Pro (2020)」と「ARROWS Tab Q584/H 」では、タブレットとペンの間のズレ方が違います。

・iPad Pro (2020)
  → タブレットとペンの間のズレがない
・ARROWS Tab Q584/H
  → タブレットとペンの間に少しだけ
    ズレが発生する

なので「ARROWS Tab」では例えば、線を引き続きの線をさらに引く場合、ピッタリと線の位置が合わないことが多々あります。

先程のピカチュウの絵を拡大します。

iPad Pro(2020)で描いたピカチュウの細部

iPad Pro (2020)

ARROWS Tab Q584/Hで描いたピカチュウの細部

ARROWS Tab Q584/H

「ARROWS Tab」は線がなめらかではありません。
線を整えるために描いたり消したりと何回も繰り返しましたが、どうしてもズレることがあるので限界でした
( ̄▽ ̄;)

また「ARROWS Tab」で描く線自体も気になります。
下は「iPad Pro」と「ARROWS Tab」の線の試し描きです。
ペンの種類はGペンで太さは15pxです。

iPad Pro (2020)とARROWS Tab Q584/Hの線の比較

「ARROWS Tab」は線を「はらう」と微妙に太さが気になります。(赤丸部分)
また文字の大きさを見るとわかりますが、「ARROWS Tab」の線は若干太いです。

ペンの持ちやすさ

iPad Pro (2020)とARROWS Tab Q584/Hのペン

左が「ARROWS Tab」付属のスタイラスペン。右が「Apple Pencil」。
写真を見て一目でわかりますが、「ARROWS Tab」付属のスタイラスペンは、「Apple Pencil」より二回りほど小さいです。

ペンの大きさは持ちやすさ、最終的には描きやすさにも関係します。
「ARROWS Tab」付属のスタイラスペンは、細くて短いので少し持ちにくいですね。

描き時間

2つのタブレットでの描き時間は
・iPad Pro (2020) → 約40分
・ARROWS Tab Q584/H → 約60分
になりました。

「ARROWS Tab」での所要時間は上で紹介した2点の要因も合わさった結果でしょう。
「iPad Pro」より約20分も描く時間がかかってしまいました
( ̄▽ ̄;)

・・・それでいて「iPad Pro」より絵の質が悪いので悲しいです
(T_T)

環境の紹介

ここで改めて2つのタブレットや使用ソフト(アプリ)の紹介をします。

使用したタブレット

・iPad Pro (2020)
使用したタブレット1つ目は「iPad Pro (2020)」。
11インチのWi-Fiモデルです。

「iPad Pro(2020)」を購入!クイックスタートで初期設定がラク!

画面にはペーパーライクフィルムが貼ってあります。

ちなみに購入価格は
・iPad Pro (2020)本体
  → 93,280円(税込)
・Apple Pencil(第2世代)
  → 12,760円(税込)
合計は税込106,040円です。

関連記事:「Apple Pencil 第2世代」の使い方&たまにペアリング異常がある問題

「Apple Pencil 第2世代」の使い方&たまにペアリング異常がある問題

・ARROWS Tab Q584/H
使用したタブレットもう一つ目は「ARROWS Tab Q584/H 」。
法人用モデルでOSはWindows8.1Pro。
キーボード付きですのでパソコンとしても使えます。
画面にフィルムは貼っていません。

【製品レビュー】7,980円のペン付きWindowsタブレット!お絵かきはできる?

購入価格は7,980円(税込)※中古
購入先はイオシス さんです。

ちなみに「ARROWS Tab Q584/H」の発売時期は2013年。
当時の価格は約13万円だったようです。

アキラ
アキラ

状況が違うとはいえ、「iPad Pro」よりも高い・・・

使用したソフト(アプリ)

使用したソフト(アプリ)は「MediBang Paint」(メディバンペイント)になります。

Windows版はこちらから▼
MediBang Paint Pro

iOS・Android版はこちらから▼

メディバンペイント for iPad
メディバンペイント for iPad
開発元:MediBang inc.
無料
posted withアプリーチ

無料で使用でき、クラウド保存も可能です。

お絵かきソフト(アプリ)と言えば「CLIP STUDIO PAINT」(クリップスタジオペイント)が有名ですが、初心者の自分は無料で多機能な「MediBang Paint」を使っています。

描きやすさはARROWS TabよりiPad Pro

やはり「iPad Pro (2020)」が「ARROWS Tab Q584/H 」より描きやすくなっています。
ですが「ARROWS Tab」でも、ある程度しっかり描くことができます。

今現在の「iPad Pro」との価格差を見てしまうと「ARROWS Tab」でもお絵かき用として悪くないかもしれません。

・・・下手なのでとりあえずもっと練習します
( ̄▽ ̄;)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました